最近のトラックバック

« 嬉しいのか悲しいのか、ちょっと複雑な心境ではある | トップページ | 卓球の神様 »

2012年10月14日 (日)

人間の尊厳

大阪市北区のJR大阪駅周辺で13日未明から14日未明にかけて、40~80代のホームレスの男性5人が相次いで襲われ、うち1人が死亡、2人がけがをした。府警は、同一犯による連続傷害事件とみて調べている。

 捜査1課によると、大阪市北区角田町のJR大阪駅東側の高架下で14日午前3時15分ごろ、段ボールの上に仰向けで倒れていた住所不定、職業不詳の富松国春さん(67)を通行人が見つけ119番通報した。顔に殴られたような跡があり、搬送先の病院で死亡が確認された。15日に司法解剖して死因を調べるという。

 付近では13日午前4時半ごろ、富松さんとみられる男性が口から血を流しているのを、通行人からの通報を受けた曽根崎署員が発見したが、男性は救急搬送や被害の届け出を拒否した。男性は通行人に「3人ぐらいに突然暴力を振るわれた」と説明したという。

 近くの阪急百貨店敷地内の通路でも同じころ、50代男性が「男2人に襲われた」と同署に被害を申告した。

 大阪市北区芝田1丁目の阪急梅田駅付近の通路では14日未明、路上生活をしていた40~80代の男性3人が立て続けに襲われた。80代の男性が頭などを蹴られ重傷。70代の男性もけがをし、「6~7人の男に襲われた」と説明。40代の男性も「複数の男に暴力を振るわれた」と話したという。朝日新聞

ホームレスという言葉をまず消去しなければならない。人間の形容詞として尊厳を著しく損なう言葉だ。

住む家がない人を襲撃するという愚弄の行為。襲う方が人間として最低であることさえも自覚できない社会病理。哀しすぎる。

本当は支援しなければならない人達を惨殺してしまう人間の狂気に、僕はたじろいでしまう。生活保護の支給額を検討する動きも出てきている。

僕は日本という国の未来に、希望がかすかにあるとすれば、それは日本人の慎ましさと優しさだと思っている。

痛みや悲しみを共有できる国民でなければ、この国は滅んでしまうだろう。命は平等だ。その当たり前のことを認識できない人間が多すぎる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 嬉しいのか悲しいのか、ちょっと複雑な心境ではある | トップページ | 卓球の神様 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の尊厳:

« 嬉しいのか悲しいのか、ちょっと複雑な心境ではある | トップページ | 卓球の神様 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ