最近のトラックバック

« 100%の就職率 | トップページ | 血は争えない »

2012年10月 2日 (火)

原発を重要電源として活用しなければ経済社会はなりたたない?

枝野幸男経済産業相は2日の閣議後記者会見で、2030年代に原発ゼロが可能になる場合でも「今後20年ぐらいは原発を重要電源として活用しなければ経済社会は成り立たない」との考えを示した。その上で、建設の許可を既に出した原発については、工事再開を容認することが「自然体だ」と述べた。
 現在、建設中の原発では、Jパワー(電源開発)が1日に大間原発(青森県大間町)の工事を再開。中国電力島根原発3号機(松江市)も完成間近の状態にある。
 時事通信

枝野さんは操り人形だね。若くて決断力があるような雰囲気は持っていらっしゃるが、残念ながら今の緊急事態を全く掌握していない。

原発を重要電源として活用しなければ経済社会はなりたたない?この発言で数万票の民主党支持の票が消えたね。

さてと、原子力会社(そんな名前の会社はなかったっけ)から弱みを握られていない政治家さんはいないのかな。みんな操られているのかな。困ったもんだね、本当に。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 100%の就職率 | トップページ | 血は争えない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発を重要電源として活用しなければ経済社会はなりたたない?:

« 100%の就職率 | トップページ | 血は争えない »