最近のトラックバック

« プレアデスカラー続編 | トップページ | 77の神様 »

2012年10月24日 (水)

磐井川に鮭が帰ってきた

今年も一関の磐井川に鮭が帰ってきた。

磐井川に放たれる稚魚は、春、雪解け水とともに北上川を下り海に降り、8月~11月までオホーツク海で過ごす。その後大西洋西部へ移動し、冬を越す。

夏になるとベーリング海に回遊し、餌を捕食しながら大きく成長する。11月頃になると南下し、アラスカ湾へ移動しまた冬を越す。

その後夏はベーリング海、冬はアラスカ湾を行き来し、
そして4年後、成熟魚になった鮭は、ベーリング海から千島列島沿いに南下し、9月~12月頃、それぞれ日本の生まれ故郷の河川へと帰ってくる。

実に数万キロに渡る旅だ。どうやって生まれ故郷の川に帰って来れるのだろう。川の臭いを嗅ぎ分けて戻ってくるという説が有力らしいのだが、すごい能力だ。

北上川の河口である石巻は津波による大被害を受けた。北上川を逆流した津波の距離は20キロとも言われている。4年前の川の臭いとは全く変わっていたと思うのだが・・・。

渡り鳥は磁気や気流をキャッチして数千キロの旅をし、毎年日本にやってくるが、鮭は臭いだけで生まれ故郷に戻れるものなのだろうか。

080713_120623

産卵を終え、川辺に横たわる鮭の姿は、痛々しくもあるが感動的だ。魂が揺さぶられる。僕らも人生を最後の最後まで、頑張らなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします

« プレアデスカラー続編 | トップページ | 77の神様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磐井川に鮭が帰ってきた:

« プレアデスカラー続編 | トップページ | 77の神様 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ