最近のトラックバック

« 100%の大衆を喜ばせようとする商売ではなく、20%の人達を満足させる仕事をやれ | トップページ | 今年一番短いブログ記事 »

2012年10月22日 (月)

大谷君メジャー挑戦

 ◇花巻東・大谷メジャー挑戦

 大谷の会見を受け、ドジャースの小島圭市極東担当スカウトは「一高校生にはタフな決断だったと思います。この勇気ある決断に敬意を表するとともに、われわれは大歓迎したいと思います」と語った

【大谷メジャー挑戦】ドジャースが最有力  マイナー契約でも専属通訳付き
 ド軍は大谷が1年の時から注目しており、同スカウトはほぼ全ての登板試合を視察。今後については「まだドジャースに来ると決まったわけではありませんので、これから来ていただけるように努めていきたいと思います」とコメントした。スポニチ

080713_120623_3

今年の夏岩手県大会で、高校球児として初めてマックス160キロを記録した怪物大谷が、とうとう高卒ルーキーとして初めてメジャーに挑戦する。

大谷君は岩手県奥州市水沢の出身だ。水沢と言えば、僕の塾が合格祈願でお世話になっている、777の奇跡を起こす駒形神社があるし、友人の小林先生が私塾学び舎を営む町でもある。

同じ郷土から、アメリカの大リーグに挑戦する若者が出ることはとても誇りだ。投球のみならず、バッテングにも非凡な才能を示す大谷君の活躍に期待したい。

大谷君は、小さい頃からメジャーリーグで投げることが夢だったと言う。まさに夢は叶えるためにある。彼が大きな一歩を踏み出した勇気を賞賛したい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします

« 100%の大衆を喜ばせようとする商売ではなく、20%の人達を満足させる仕事をやれ | トップページ | 今年一番短いブログ記事 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

まいどどうも、学び舎です。

いやあ、大谷君いきなりメジャーですか。若いというのはいいことですね。大いに活躍してほしいものです。

日本人選手がみなメジャーへ流出すると国内のプロ野球にとってマイナスだという考えもありますが、それならばメジャー・リーグ並みの高いレベルのプロ野球リーグを目指したらいいのではないかと思います。

サッカーのJリーグなどは百年構想で日本のプロサッカーリーグのレベルアップを図っているようですが、それくらいの構想が日本のプロ野球にもほしいです。

とにかく大谷君は、これからどんな選手になっていくのか注目したい選手ですね。

(かねごん)
小林先生コメントを頂きありがとうございます。
彼はすごい選手だと思いますね。菊池雄星君もすごかったですけど、大谷君は身体がすごいですよ。
きっとアメリカでどえらい仕事をすると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷君メジャー挑戦:

« 100%の大衆を喜ばせようとする商売ではなく、20%の人達を満足させる仕事をやれ | トップページ | 今年一番短いブログ記事 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ