最近のトラックバック

« 運を良くするうんちく | トップページ | エアー塾生 »

2012年9月 4日 (火)

愛する者のために

車を運転していて、突然強烈な悲しみや、慟哭に襲われることがある。

日常が過ぎていく、その平凡さがなぜか虚しくなる時がある。その虚しさは、生きていく者の必然であるかのように、胸を苦しくさせる。

政治家の欺瞞や、科学者の驕り、そして権力の蹂躙の中で、僕らは何を信じればいいのだろうか。答えはなかなか出てきそうにもない。

運命を越えて、宿命を越えて、きっときっと人間は幸せになれる。僕はそんなことを若い頃考えていた。幸福になる人間と不幸になる人間がいることに、反抗し続けていたと言ってもいいだろう。

例えば、勉強を出来ない子どもを馬鹿にする教師。ホームレスをあざ笑う黒塗りの車に乗った政治家。子どもを虐待する親。

目をつむるか。ドアを開けて出ていくか。選択肢は僕らにある。

友達作戦と言って軍隊を支援してきたアメリカは、後日数億円の経費を日本政府に要求してきた。

被災し放射能汚染に動揺する日本国民をあざ笑うかのように、韓国や中国は沈黙していた領土権を主張してきた。

愛のある人間と、愛の無い人間の微笑みの違いなど読み取るすべもない。しかし行動は読み取れる。ドアを開けて出て行こう。愛するものを守るために。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 運を良くするうんちく | トップページ | エアー塾生 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛する者のために:

« 運を良くするうんちく | トップページ | エアー塾生 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ