最近のトラックバック

« あなたがここにいる | トップページ | さざ波 »

2012年9月 1日 (土)

神様のうんちく話

こんばんはかねごんです。

実は僕の身辺に現れていた777の謎が分かって来ました。このブログを読んで頂いている方々にはご存知の777神話なのですが、初めての方のために少しご説明をしましょう。

岩手県奥州市水沢区に、駒形神社があります。全国駒形神社の総本山である駒形山の神様です。

この神社の手前に、水沢高校に曲がる交差点があるのですが、駒形神社に向かうさい、僕の軽トラックがその交差点で信号待ちをすると、必ず対向車か隣に並ぶ車のプレートナンバーが77の車なのです。

これは例外なく起こる奇跡です。その現象に気づいたのは10年前です。それから30回以上は駒形に行っていますが、77が起こらなかったのは、昨年の震災後に行った時だけで、確率はほぼ100パーセントです。

実は僕の知人で、超感覚が研ぎ澄まされている方が申しておりましたが、震災後東北の山の神々が、これ以上のカタストロフィーを起こさぬよう、海や海底の近くに総集合し、猛烈な神力を発揮したそうです。だから僕が震災後に駒形に行った時は、神様方が不在で、77の奇跡が起こらなかったのでしょう。

最近駒形神社の境内に祀られている木花開耶姫命(このはのさくやひめ)がプレアデス星(スバル星団)の神様であることがわかりました。木花開耶姫命はご存知富士神界の神様です。プレアデスは7つ星、そうですここに77の秘密が隠されていたのです。ちなみに僕の軽トラックはスバルのサンバーです(関係ないか・・・)。

080425_093935thumb

(プレアデス星団)

もう一つ、僕が信仰する早池峰山の神さまは瀬織津姫(せおりつひめ)です。彼女はシリウス系の神様で、いわゆる日本の縄文人が信仰してしていた神様なのですが、水の神様です。仏教では11面観音として信仰されていますが、仮の姿は龍神です。僕が龍神にハマりだしたのは、早池峰に頻繁に登るようになってからです。いろんな繋がりが見えてきました。

瀬織津姫が祀られている神社は、すべて地層年代がとても古い土地が多いですね。縄文時代は海水位面が日本の内陸部まできていましたので、北上高地のような古生代や中生代の堆積岩(砂岩・粘板岩・石灰岩等)および花崗岩から構成され,ている古い土地は、縄文人の活動場所であったと思います。

僕が77と遭遇するようになった時期に、時代は水瓶の時代に入りました。水の神である瀬織津姫の復活です。

ということで木花開耶姫命のパワーと瀬織津姫の女神のパワーを借りて、僕は願掛けを始めたわけです。

神社の神様もいろいろいらっしゃいます。自分が氏子になっている神社の神様や、言い伝えや神話を探ると色んな景色が見えてくるかも知れません。楽しいですよ!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« あなたがここにいる | トップページ | さざ波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様のうんちく話:

« あなたがここにいる | トップページ | さざ波 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ