最近のトラックバック

« わが家に瀬織津姫がやって来た | トップページ | ジャズが心にしみる »

2012年9月 6日 (木)

ウランの半減期は48億年

原子力発電は、火力発電に比較するととても熱効率が悪く、100万キロワットの原子力発電所では、300万キロワットの熱エネルギーを放出しており、なんとも処理しきれない200万キロワット分の熱湯は海に排出されていきた。

これは70トンの海水を1秒間に7度上昇させるほどの熱量で、昼となく夜となく排出され続けてきたエネルギーは、海流の熱変動を生じさせてきたことは間違いない。

080925_085243
火力発電所から放出される二酸化炭素の排出量が、地球の温暖化に影響すると言われ続けてきたが、原子力はその影響をはるかに凌ぐ温暖化の種を蒔き続けてきた。

電力会社も政府も、利権の膨大さに目が眩み、クリーンだ、安全だと、教科書まで使って国民を洗脳してきたわけだけれども、放射能の拡散という人間存続の危機に直面してさえも、原子力の再稼動を強行するこの国は、極楽とんぼにもほどがある。

廃炉にしたところで、気の遠くなるような年月と費用がかる原子力がどこが安全で、安価のだろう。

掘り出したウランの半減期は48億年。この年月に人類は責任など持てないだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« わが家に瀬織津姫がやって来た | トップページ | ジャズが心にしみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウランの半減期は48億年:

« わが家に瀬織津姫がやって来た | トップページ | ジャズが心にしみる »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ