最近のトラックバック

« ウランの半減期は48億年 | トップページ | 民主主義教育の崩壊 »

2012年9月 7日 (金)

ジャズが心にしみる

2,3日前から急に暑さが遠のいた。夕暮れの空が秋色になった。

昨日からキッチンのスピーカーから流れているのは、ビル・エバンスのワルツ・フォー・デビィ。この季節になると無性に聞きたくなるアルバムだ。

僕が生まれた頃の録音だけれど、ピアノの醸し出すメロディーラインが、全く古さを感じない。ビル・エバンスの素晴らしさは、時代を超えた情感の静謐さを聞き手に与えてくれることだ。

ビル・エバンスの名演と言えば、Never Let Me Goもそうだが、哲学的な愛惜とでも言ったらいいだろうか、人生で失って行く大切なものへの静寂な哀悼を僕は感じる。

移ろい行く人生の季節に、ビル・エバンスの醸し出す物語はとても繊細だ。きっと彼を超えるピアノ弾きは2度現れないだろう。

どこにいても、何をしていても、彼のピアノが流れれば、一発でビル・エバンスだと分かる。そんなアーチストはそんなにいるもんじゃない。サックスで言えばジョン・コルトレーンがそうだろうか。

秋になるとジャズがいい。稲穂が頭を垂れた田園風景には、ジャズがよく似合う。僕の23年ものの軽トラックには、ボロ車とは不似合いなCDデッキが搭載されている。これからの通勤時間は思いっきりジャズを堪能したい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« ウランの半減期は48億年 | トップページ | 民主主義教育の崩壊 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズが心にしみる:

« ウランの半減期は48億年 | トップページ | 民主主義教育の崩壊 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ