最近のトラックバック

« AO入試が始まる | トップページ | 今日はブルース »

2012年8月18日 (土)

ひとりきりの遠足

ニール・ヤングのハートオブゴールドがラジオから流れていた頃、僕はわずか9名の野球チームに所属し、ホームベースから外野まで、わずか35メートルしかない小さな小学校の校庭で、暗くなるまで白球を追いかけていた。

080618_143806

あれから40年もの月日が流れた。小学校はなくなり、僕のハートに刻まれたニールのギターも、そして握りしめたボールの感覚もだいぶ記憶から薄れてはきたが、確かに過ごした少年時代の風は、今も僕の心のなかに吹いている。

浅間山荘事件が起こり、ヘルメットをかぶった学生が急に沈静化した時代だった。カラーテレビが普及し始め、巨人軍が破竹の勢いで連勝を重ねていた。

小さなこども達が、仮面ライダーの変身ごっこをやって遊んでいた。僕はあの頃何を夢想していただろう。家に帰ってもつまらなかった。諸処の理由でお金がなかった僕の家では、喧嘩が絶えなかった。僕は何度布団をかぶって泣いただろうか。

僕が世の中を斜に構えて見る習癖は、きっと子ども時代に身についたものだったろう。

そう言えば、小学校の先生は、どうしてベトナム戦争が起こったのか、部落問題とは何なのか、最後まで教えてくれなかった。

「いずれ君たちがわかる時がくるよ」そんな回答だった気がするが、50歳を過ぎた今でも、僕はいまだに本質を理解していない。

僕はボブ・ディランよりニール・ヤングが好きだった。ヤングの方が孤独だったように感じられたからだ。ニール・ヤングの歌声を聞くと、僕はひとりきりの遠足に出かけた気分になる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« AO入試が始まる | トップページ | 今日はブルース »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりきりの遠足:

« AO入試が始まる | トップページ | 今日はブルース »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ