最近のトラックバック

« 年を取るということ | トップページ | 哀しみが止まらない »

2012年8月26日 (日)

賢治の言葉

宮沢賢治の文学、その創造性は多くの日本人に影響を与えてきた。

僕にとって宮沢賢治という人間は、東北人の感性を代弁してくれる同郷の詩人であり、自己の内面に語りかけてくる言葉の振り子を、いつも揺らし続けてくれる道先案内人だ。

賢治が抱えていた魂の慟哭とも言うべき、絶対善に対する希求は、彼の詩や童話の中で、弱々しいを愚鈍を装いながらも、強烈なイデオロギーを伴い読み手を放射してくる。

賢治の詩を読んでいると、僕はいつも、雪解けに芽吹くふきのとうを連想する。厳しい寒さに耐え、雪の下で春を待つふきのとうと、賢治の言葉が重なってしまう。

僕は賢治の詩を童話を心から愛している。僕の感性の8割は、宮澤文学のエッセンスで構築されてきたと言っても過言ではない。米作りをしてきたのも、先生と呼ばれる仕事を続けてきたのも、そして詩のようなものを書き留める習癖も、音楽を奏でてきたのも賢治の影響であり、賢治の背中を追っても追っても追いつけない、僕のジレンマが、僕の生涯を突き動かしている。

今銀河鉄道に乗って宇宙を旅している賢治は、この東北の惨事を見つめ、何を思っているだろうか。

080511_141858


賢治が警告し続けてきた文明の傲慢さが、100年の時を超えて現実となってしまった今、彼の魂は、地球への帰還を猛烈に求めているのかも知れない。

賢治が散策した北上川のイギリス海岸や、賢治が愛した早池峰の山にも放射能の灰は降り注いだ。雨にも負けず風にも負けずと賢治は農民を励まし、自分を鼓舞したが、賢治が今のこの東北の状況を言葉にするならば、どんな痛烈なメタファーを文学にしたためただろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 年を取るということ | トップページ | 哀しみが止まらない »

宮沢賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢治の言葉:

« 年を取るということ | トップページ | 哀しみが止まらない »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ