最近のトラックバック

« 英語ができない生徒はダメ生徒なんかじゃない | トップページ | 天国からのサポート »

2012年8月 1日 (水)

石川佳純がベスト4に

080511_141858

女子シングルス準々決勝で、19歳の石川佳純(全農)が4―1でユエグ・ワン(シンガポール)を下し、シングルスの日本人勢では男女通じて史上初の4強入りを決めた。

 第1ゲームは8―11で落としたものの、「サーブが効いていたし、焦らずにプレーできた」と言葉通り、2ゲーム目から11―5、11―4、11―8、11―4と4ゲーム連取。「前よりもラリーで強いボールを打てるようになった」というサウスポーは一気に勝負を決め、初の五輪で準決勝の舞台まで駆け上がった。

各国の卓球代表選手には中国から帰化した選手が多い。世界のベスト4はいつも中国人同士の戦いだが、オリンピック初出場の石川が、中国の壁と対戦する。

石川の武器はバックショートの多様さと、サウスポーから繰り出す強烈なファードライブだ。身体のバランスが、彼女の細い身体からパワーを生み出している。

左足の強靭な力が、ドライブのタイミングを支えている。左右に揺さぶられても軸がぶれないホームが、安定した返球を可能にしている。

オリンピック史上初の卓球のメダルが、日本にもたらされる可能は十分ある。伸びしろがまだまだある19歳。幼さが残る愛くるしい表情の中に、気迫の闘士がみなぎっている。

世界ランキング6位の石川佳純だが、3球目攻撃は、世界のトップクラスだ。自信をもって準決勝に望んで欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 英語ができない生徒はダメ生徒なんかじゃない | トップページ | 天国からのサポート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石川佳純がベスト4に:

« 英語ができない生徒はダメ生徒なんかじゃない | トップページ | 天国からのサポート »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ