最近のトラックバック

« 思考を言葉が遮るのは、我々の欠点だ | トップページ | 放射線の影響ではない »

2012年8月22日 (水)

2500稿目の記事

東京電力は21日、福島第1原発から北に約20キロ離れた福島県南相馬市原町区の沖合でサンプル採取したアイナメから、1キロ当たり2万5800ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。原発事故後、福島近海で捕れた魚介類では最も高い濃度で、一般食品のセシウム基準値(同100ベクレル)の258倍。1キロ食べた場合の内部被ばく線量は約0.4ミリシーベルトと推定されるという。
 福島県沖では6月からタコとツブ貝に限って試験操業が始まり、地元を中心に流通している。アイナメは出荷制限されており、漁もしておらず、市場に出回っていない。
 東電は「ホットスポットのようなものがあって、そこの餌を食べた可能性もある」としている。

果てしない人類の旅は、続いていく。その確信を僕らが持てるのは、途切れなかった歴史のバトンタッチを見てきたからだ。

東北の海、山が放射能で汚染された。多くの人達が、いまだに汚染された意味を解せず日常を送っている。普通に野菜を食べ、普通に魚を食べ続けている。

5年後、10年後、哀しみが生じないことを祈る日々だ。

福島の悲劇を傍観してはいけない。あの強烈な揺れと凄まじい津波が、偶然に福島第1原子力発電所を崩壊させたと思ってはいけない。

神を信じても信じなくてもいいけれど、福島第2原発と女川原発が、あの状況で崩壊しなかったのは奇跡だと思っている。

原子力発電所を作動させている人間達が、実は原子力の危うさを一番知っている。仮に僕ら人類が本当に進化し続けているならば、進化の代償はあまりにも大きい。存亡をかけた進化などいらない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします

 

« 思考を言葉が遮るのは、我々の欠点だ | トップページ | 放射線の影響ではない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2500稿目の記事:

« 思考を言葉が遮るのは、我々の欠点だ | トップページ | 放射線の影響ではない »