最近のトラックバック

« 僕の夢♪ | トップページ | 邪魔な課題だ »

2012年8月15日 (水)

人生には多くの道がある

高校の夏休みもあと数日で終わる。終わらない宿題に顔を青ざめている生徒諸君も多いのではないだろうか。

今日は英語の話をしたい。

例えば、英語が苦手で、大学受験を諦めている高校生がいるとしよう。近年の入試問題はほぼ100パーセント長文読解である。僕らの頃のように、英語構文の書き換え問題や、スペリング問題が出題される入試ではない。そこでこんな提案をしてみたい。

センターに限って言えば、英検的な語法問題が出題されるが、所詮4択問題、言ってしまえば単語力、熟語力が勝負だ。

今の時代、英語教材がとてつもない進化を遂げている。その中から何でもいいだろう、2000円前後で買える大学受験単語集をゲットしてもらいたい。出来れば2000語~3000語レベルのもので、ぜひCD付きのものを買って頂きたい。

それを毎日1時間、3ヶ月間単語集を片手に聞いて見ることだ。厳しい言い方をするが、それをやってみて英語の偏差値が全く上がらなければ、英語はあきらめて違う道を歩んだ方がいいと思う。英語に関わる時間がもったいない。

英語なんて糞食らえだ!そんな気持ちで、切り替えることだ。人生には多くの道がある。

もし、模試等の成績が確実に上がってきたならば、その単語集をベースに、今度はZ会などが出している長文連動型の単語集に移行して行けばいい。間違いなく英語は伸びていくはずだ。

このブログで何度も書いてきたが、僕は英語が出来なかった。中学校時代を振り返って見ると、勉強をしなかったという理由が一番なのだが、あの教科書を読ませて訳させていくという授業が耐えられなかった。まったくおもしろくなかった。

高校の中頃に大学進学を決心した僕は、高校2年生の夏から、中学1年の教科書から徹底的に読解を始めた。決して復習ではない。復習というのは、一度頭に入った人が使う言葉で、僕は初めて英語を勉強し始めた。中3の教科書が終わる頃には、季節は初冬に入っていただろうか。

その後美成社から出版されていた構文150の例文を徹底的に頭に叩きこんで行った。リスニングに関しては、当時出版されていた『百万人の英語』や『大学ラジオ講座』等の雑誌を買い込み、ラジオで聞き流した。

ちなみに僕の通っていた高校は私立高校で、当時大学受験のための課外授業など皆無だったし、高2の英語にいたっては、中1程度の内容だった。そんな高校だからこそ、自由奔放に自分のやりたい勉強が出来たような気がする。

高校生諸君!特に進学校に入らず、英語の大学受験勉強に悶々としている君、テレビ・ゲーム・ケータイメールを封印して、3ヶ月間騙されたと思ってやってみてはどうだろうか。

何度も言うように道はいっぱいある。大丈夫。英語なんて糞食らえだ!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 僕の夢♪ | トップページ | 邪魔な課題だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生には多くの道がある:

« 僕の夢♪ | トップページ | 邪魔な課題だ »