最近のトラックバック

« 地球の灯火 | トップページ | 30年来の僕のお友達 »

2012年8月13日 (月)

恐い話

夏といえば恐い話が涼しさを演出する季節だ。

「先生、恐い話して!」塾生たちは、勉強が疲労を増してくると、こんな話を振って来る。

適当なつくり話をして、「ワイルドだろう!」などとお茶を濁すかねごんだが、半世紀以上も生きてくるとやはり恐い経験はある。

かつて卓球の遠征で行った某ホテルでの出来事だっだ。

試合が終わり、夜8時過ぎにホテルにチェックイン。それぞれが個室だった。僕がもらった部屋のカギは結構階の高い部屋。汗をかいた身体が気持ち悪く、部屋に入ってすぐにシャワーを浴びようと思った。

部屋に入った瞬間、何か嫌な感覚が漂ってきた。10代の後半から俗に言いう金縛りに合いやすいタイプの人間。学生時代、箱根の旅館で住み込みのバイトをした時も、金縛りには苦しめられた。

不特定多数の人が泊まる旅館やホテルは、色んな想念やエネルギーが漂う。

ホテルの部屋でシャワーを浴びていると、胸に痛みを感じた。ひっかき傷のような跡ができ、うっすらと血が流れている。まるで鎌鼬(かまいたち)にあったかのようだった。まずいな~と思ったが、部屋が怪しいので替えてくれとも言えず、その日は朝方まで眠ることが出来なかった。

40代も半ばを過ぎた頃から、鈍化したのか金縛りには合わなくなったが、あのホテルでの恐さは忘れられない。

昔ホテルマンをやっている知人に聞いたことがあるが、ホテルでの自殺は結構多いらしい。坊さんをよんでお祓いなどをするようだが、部屋を借りる方とすれば、そんなことは知る由もない。

近頃は金縛りこそないが、ホテルや旅館に一人で泊まるような時は、某お寺さんの魔除けの数珠を手首につけることにしている。

僕は旅行をすることが、あまり好きではないのだが、若いころのトラウマがあるのかも知れない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 地球の灯火 | トップページ | 30年来の僕のお友達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐い話:

« 地球の灯火 | トップページ | 30年来の僕のお友達 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ