最近のトラックバック

« 原子力というバベルの塔は、作ってはいけなかったものだ | トップページ | 預言者じゃなくても分かることだ »

2012年7月 2日 (月)

哀しみのバラード

高校1年生の時に、一関体育館で初めてバンドを友人と組んで歌を歌った。当時もちろん持ち曲などなかった僕は、オープニングに根田成一の『哀しみのバラード』を歌った。その時頂いた拍手が病みつきになり、僕は音楽に没頭していく。

今でこそ一関には立派な市民文化ホールがあるが、僕が高校の時は、一関体育館がコンサートホールの代役をしていた。キャンディーズのさよならコンサートも、ベンチャーズもそして僕の大好きだった河島英五のコンサートも、この体育館だった。

高校入試に失敗し、彼女にも振られ、自暴自棄になっていた15歳の僕は、この歌の歌詞と自分の人生を重なり合わせていたのかもしれない。

実はこの歌をなかなか聞くことが出来ずにいた。青春のトラウマというわけではないが、いろんな哀しみを思い出したくなかったからだ。

35年ぶりに聞くこの歌。あの頃の日々の光景が蘇ってくる。

この曲を爪弾いたギターはとうの昔に壊れ、歌を歌った体育館も震災後使用不能になった。高校時代が懐かしいかと問われれば、正直言ってNOだ。

あの頃の哀しみのバラードを埋めるために、僕は高校教師をやっているのかも知れない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

2012 大験セミナー 夏期勉強会のご案内

« 原子力というバベルの塔は、作ってはいけなかったものだ | トップページ | 預言者じゃなくても分かることだ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しみのバラード:

« 原子力というバベルの塔は、作ってはいけなかったものだ | トップページ | 預言者じゃなくても分かることだ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ