最近のトラックバック

« 福島の東北大会開催に思う | トップページ | たまに意識が・・・ »

2012年7月30日 (月)

ヒューマンエラーはつきものだが

ジュリーの判断で覆った旗判定 「柔道精神守るため」 柔道

 

海老沼負けの判定に大ブーイングが起き、まさかの判定やりなおし=29日、エクセル(写真:産経新聞)

 

写真を拡大

 柔道男子66キロ級の準々決勝で、海老沼とチョ・ジュンホの試合で下された旗判定が、試合場全体の審判を統括するジュリー(審判委員)の判断で、覆される前代未聞の事態があった。

 問題のシーンは海老沼-チョ戦の終了直後。海老沼は延長戦の1分過ぎ、一度は有効と判定され取り消される小内刈りを放っていた。その後は一進一退で時間が切れ、旗判定に委ねられた。主審と2人の副審は青のチョを支持。3-0で一度はチョに勝ちが告げられた。

 ところが、バルコス大会審判委員長が3人の審判を呼び集め、判定のやり直しを指示。再び行われた旗判定は3-0で白の海老沼を支持する異例の逆転裁定となった。

 試合後、バルコス委員長は「我々の責任は柔道精神を維持すること。真の勝者が勝者として畳を降りる状況を作った」と説明した。

 国際柔道連盟(IJF)は北京五輪後のルール改正で、ジュリーが最新の映像監視システムで全試合場の判定の正誤を指摘するシステムを導入。一本、技ありなど技の効果の判定は審判に決定権があるが、明らかな誤審が認められた場合は、ジュリーのアドバイスで訂正されるケースが増えた。

 この試合、一度は「有効」と判定された海老沼の技以外に大きな判断材料がなく、試合場に配置された3人のジュリーはいずれも「白(海老沼)の勝ちは疑う余地がない」と判断。
バルコス委員長の最終決断で、主審と2人の副審に「旗判定を覆すよう指示した」という。

 バルコス委員長は「(判定を覆したのは)柔道精神の問題。どの国とどの国の対戦かは問題じゃない。われわれにヒューマンエラーはつきものだが」と話した。

 一方で、日本の柔道関係者は「ジュリーが前に出すぎて、主審と副審が主体的な判断をできないケースが目立つ。審判のレベルの低下につながる恐れがある」と現行のシステムに警鐘を鳴らす。

柔道の試合で、こんな判定の覆しを見たことがない。海老沼の勝利が一転二転した。バルコス委員長の、「(判定を覆したのは)柔道精神の問題。どの国とどの国の対戦かは問題じゃない。われわれにヒューマンエラーはつきものだが」というコメントは、オリンピックの歴史の転換期を感じる言葉だ。

民族や、国家を代表する選手である前に、一人のアスリートである。勝敗は審判団の出身国や、イデオロギーに影響されてはいけない。当然のことであるが、過去の試合では、その当然の判断が損なわれることが多くあった。

たとえ新しい映像判断が導入されても、そこには、その勝敗を決める感情や精神の動向までは映しだされない。

人間にはヒューマンエラーはつきものだが、そのエラーをエラーと認める勇気があるかどうかが、僕ら人間の真価が問われるところだろうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。


 

« 福島の東北大会開催に思う | トップページ | たまに意識が・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒューマンエラーはつきものだが:

« 福島の東北大会開催に思う | トップページ | たまに意識が・・・ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ