最近のトラックバック

« 復活 | トップページ | 2400稿目のブログ »

2012年6月28日 (木)

1万シーベルトは致死量

 東京電力は27日、福島第1原発1号機の原子炉建屋内にある圧力抑制室外側で毎時1万300ミリシーベルト(毎時10.3シーベルト)の放射線量を検出したと発表した。1号機の原子炉建屋内では最高だった。1号機は、1~3号機の中で最も核燃料の損傷度が大きく、放射性物質を含む水が外に漏れているのが原因とみられる。

【作業はできるのか…】福島第1原発:被ばく線量、収束か作業員安全か

 東電によると、26日に建屋1階から地下1階へ線量計などを挿入して調べると、汚染水の高さは5.2メートル、水温は32~37度だったことが分かった。線量は水面に近いほど高く、直上で同1万300ミリシーベルトを示した。汚染水の透明度は約60センチで、配管には事故直後の海水注入の影響で、さびが生じていた。

 人体は1000ミリシーベルトを全身に浴びると吐き気などが生じ、1万ミリシーベルトは致死量に当たる。2号機の格納容器内では今春、同7万2900ミリシーベルトを検出した。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は27日の記者会見で、「これだけの高線量下では、ロボットに作業を頼らざるを得ない」と述べた。【中西拓司】

1万シーベルトで人間は即死に至る。福島第一原発の放射能値はその7倍だ。政府はこの値で、まだ収束宣言を言い続けるのだろうか。理解不能だ。

テレビはずっと消費税の話題と小沢の話題だ。上のニュースなど何処にも流れなかった。毎週首相官邸前で行われる原子力再稼働反対デモ同様、黙殺だ。

地方の放射能値も同様だ。僕は頻繁に線量を計測しているが、日曜日は自宅の放射線量が3倍に跳ね上がる。

日曜日刈り取った草の野焼きが行われるからだ。火曜日には0.08~0.06マイクロシーベルトの値に戻る。野焼きの煙がたなびく方角の放射能値がぐんと上がる。

70歳を過ぎた老人に、刈り取った草を何処かへ運ぶ余力などない。牛にも食わせられない草だ。堆肥にもならない。放置すれば次の草が刈れない。

放射能にたいして無知と言うよりは、抜本的な対策が皆無だ。原子力に対しても、そして欺瞞的な政治に対しても・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願いします。

« 復活 | トップページ | 2400稿目のブログ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1万シーベルトは致死量:

« 復活 | トップページ | 2400稿目のブログ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ