最近のトラックバック

« 核兵器と金 | トップページ | 偶然は準備のできていない人を助けない »

2012年6月16日 (土)

悪魔の火種

福井県の西川一誠知事は16日、政府が関西電力大飯原発3、4号機(同県おおい町)の再稼働を正式決定したことを受けて県庁で記者会見し、「安全運転により、信頼を深めることが大事だ」と述べ、関電や国に万全の対応を期すよう求めた。その上で、県としても安全監視を通じて県民の理解を得るよう努める考えを示した。
 西川知事は、再稼働を批判する声も強いことに対して「(エネルギー事情の観点から)当面原子力を重要電源として安全に稼働させることが、もっとも現実的な方法」と指摘。政府が原発の重要性について理解を得るため努力するよう重ねて求めた。 (時事通信)

何度も何度も繰り返すが、電気を起こすために原子力発電所を稼動させることは、国内に危険なプルトニウムを増やすことになり、再処理どころか保存することさえままならない物質を作り続けるこで、間違いなく人類の生存率を低下させて行く。

制御できないものを稼働させてはいけない。原子力が稼働できないとなれば、電力会社は隠し持っている原子力以外の発電所を必ずや動かすはずだ。だからとことん反対しなければならない。原子力発電所は悪魔の火種だ。

お金のために悪魔に魂を売った人々は、決して妥協はしない。自らが滅びるまで暴走を続けるだろう。彼らは子どもの未来も、地球の環境も知ったこっちゃない。自分の快楽のためなら何でもありだ。

彼らは天国も地獄も信じていないし、来世も転生も笑っちゃうぜの輩たちだ。お金を手にして、いい思いをして、人生を終えれば、それでOKだと思っている。

僕に言わせれば狂っているね。狂っているから平気で原子力を再稼働できるんだね。あの福島の原発の崩壊の光景を見て、東北のタンポポの異常な花を見て、やケヤキの木の立ち枯れていく光景を目にしたら、とてもじゃないが原子力を動こさそうなんて思わないね。

自分たちが正常だと思っているから、なおさらたちが悪い。

お金は本当に魔物だ。人間が考えついた欺瞞の最たるものだ。お金がなくて苦しむのやめよう。お金を求めて命を削るのもやめよう。お金のために嘘をついて、そして平気で人を裏切っていく人生は哀しすぎるよ。

Dvc00153

僕らはお金に操られているマリオネットじゃない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。僕に書き続ける勇気を下さい。応援の一押しをお願いします。

« 核兵器と金 | トップページ | 偶然は準備のできていない人を助けない »

コメント

かねごん先生、今晩は。昨日は仕事を切り上げて首相官邸前まで足を運びました。デモに参加して原発の再稼働反対と叫ぶ為というより、とにかくも自分の意志ととして向かわなくては後悔するような気がしたからです。
シュプレヒコールに多少の異和感を覚えつつ、政治家に対する怒りやむなしさ、そして被災地の事を考えながら近くにいるであろう首相に向かい静かに抗議してきたわけです。歩道を埋め尽くす長蛇の列は主催者発表で11000人との事でしたが、とてもその規模を把握出来ずに夜の東京のど真ん中に身を置いてきました。ネットの中では11000人が参加した事に驚きのコメントが多くありましたが、私からすればたったこれだけ?というのが正直な感想です。そしてマスメディアは一切この抗議のデモを報じる事はありませんでした。この国はどうしてしまったのだろうと半ば呆然とし電力利権の恐ろしさを実感しています。それにしてもあれだけの事故を起こしながらもなお再稼働を決定する政治家の思考は一体どこからくるのでしょう。いや、思考の問題などではなく単なる利益ばかり追求する理念なき愚か者の決定といった方が理解できます。つくづく何年か前の政権交代を心底喜んだ自分に腹が立つ今日この頃です。この怒りは選挙でしか鎮める事が出来ないのでしょうか。

(かねごん)
shinkunopapa様コメントを頂きありがとうございます。
そうですね。選挙で政治家を選ぶのも、企業や団体は利権で選んできたんですね。
お金や利権を度外視して心眼で人を選ばなければ、この国は大変なことになります。
原発は絶対NOですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の火種:

« 核兵器と金 | トップページ | 偶然は準備のできていない人を助けない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ