最近のトラックバック

« 心が痛い | トップページ | 悩み多き日々は続く »

2012年5月 9日 (水)

忘れないで欲しい

就職活動の失敗を苦に自殺する10~20歳代の若者が、急増している。

 2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えた。

 警察庁は、06年の自殺対策基本法施行を受け、翌07年から自殺者の原因を遺書や生前のメモなどから詳しく分析。10~20歳代の自殺者で就活が原因と見なされたケースは、07年は60人だったが、08年には91人に急増。毎年、男性が8~9割を占め、昨年は、特に学生が52人と07年の3・2倍に増えた。

 背景には雇用情勢の悪化がある。厚生労働省によると、大学生の就職率は08年4月には96・9%。同9月のリーマンショックを経て、翌09年4月には95・7%へ低下。東日本大震災の影響を受けた昨年4月、過去最低の91・0%へ落ち込んだ。 (読売新聞)

大学生の自殺が増えていることに、深い悲しみをお覚える。

就職ができない辛さは分かる。しかし人生の長さを考えれば、チャンスは何度でも来るはずだ。やり直しは何度でもできるはずだ。死んではいけない。

私の大学時代の同級生には、文学部を出てから看護学校に入り直し看護婦になった女性がいた。音楽仲間の先輩には、調理学校に入り料理人になったものもいる。

大学時代に学んだことが役にたったかたたないかは別にして、風に吹かれる柳の如く、柔軟になおかつ強く生きる姿勢は大切だろうと思う。

若い頃に出会う困難は、人生を生きていくための肥やしである。そのためにも親は思春期までの時代を過保護にしてはいけない。肥やしが毒にしか感じられなくなってしまう。

親が出すぎてはいけないが、かと言って放任してもいけない。この時代、親の子どもに対する感性は難しいのだけれど、生きづらい世の中だからこそ、子どもとの会話は大切だ。

忘れないで欲しい。

  にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこのブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

« 心が痛い | トップページ | 悩み多き日々は続く »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

かねごん先生、こんにちは。

自殺の記事は読むのがつらいです。

今、私の親友は48歳で末期がんに苦しんでいます。
既に治療もできず、緩和ケアをしています。
残り時間があとわずかです。
こどもがやっと大学生になったけれど、
まだもう少し家族や友達と過ごしたい・・・と先日話していました。
一日でも痛みのない日を過ごしてみたい、と言いながらモルヒネを使って必死に生きています。
既に15年、病気と共生してきています。
それでもくじけることなく生きてきました。

私には日々祈ることしかできず、悔しくてなりません。

(かねごん)
しろ様コメントを頂きありがとうございます。
時に人生の運命は過酷です。
魂の悲しみ、そして辛さは、慟哭そのものという状況は多々あります。
祈りは必ずや天に届くと信じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れないで欲しい:

« 心が痛い | トップページ | 悩み多き日々は続く »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ