最近のトラックバック

« 自然が警告している | トップページ | この状況であり得ないだろう »

2012年5月28日 (月)

この言葉そのものが子ども達を迫害している

 高機能自閉症を抱える関東地方の当時小学6年の男児(12)が3月、ほぼ全教科の成績を斜線(評価なし)とする3学期の通知表を渡されていたことが分かった。男児はクラスの授業に出られなくなっていたが、ほぼ毎日登校。発達障害児らを支援する「通級指導教室」(通級)は週3時間しかなく、保健室や図書室で過ごしていた。専門家は「学習支援が不十分で、通知表の評価が全くできないほど放置していたのは問題」と批判している。

 母親(41)によると、男児は集団行動や字を書くのが苦手な一方、知能指数は高く、年500冊以上の本を読む。通級では算数や図工、集団行動などを学んだ。通知表は所見欄に「毎日少しでも教室で過ごそうと取り組んだ3学期でした」などと記されたが、国語以外の学科評価は斜線だった。母親は「存在を否定されたようでショックだった」と話す。(毎日新聞)

あってはいけないことだ。通信簿にどういう意図で斜線を引いたのかは別として、結果としてそれを評価として渡したことは、軽率な行為であり、教育者として反省すべきである。

僕は本来この自閉症という言葉も大嫌いだ。この言葉そのものが子ども達を迫害している。

そもそもほとんどの人間が何がしかの異常を抱えている。習癖や病気や障害をもっている。通知表に平気で斜線を引いた教師とて、僕に言わせれば異常である。

身体能力や、暗記能力、容姿には様々なタイプがある。決して平等ではないかも知れない。しかし間違いなく魂の世界では平等のはずだ。僕はそう思っている。

学びの世界は果てしない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いて頂ければ幸いです。応援の一押しをお願い致します

« 自然が警告している | トップページ | この状況であり得ないだろう »

言葉」カテゴリの記事

コメント

私もこのニュースを記事にしました。
学校では、前年度から支援を強化するようになっていますが、結局こんなものだったのですね。
この男の子はこれまでどんな学校生活を送って来たのか、そしてこの通知表をどんな気持ちで受け取ったのか。
そして、そんな息子さんの親御さんの気持ちを考えると、胸が張り裂けそうになりました。
私の息子も小学校入学当時は色々ありましたが、幸い良い先生に巡り合うことが出来ました。

息子たちのように支援の必要な子供たちを見ていて、時々思うことがあります。
この子たちは、いわゆる「一般的」と言われる人間と同じ種類の人間では無いのではないだろうか。
「健常者」とは、本当に支援を受けていない側の人間なのだろうか?
地球を破壊し尽くしている人間を見ていると、それが健常と言われる行為とは思えず、まさに退化しているとしか思えない。

自然破壊や自然災害の巻き起こる今、それが生態系の変化の時期だとするならば、生き残るのはどちらなのだろう。

(かねごん)
noza様コメントを頂きありがとうございます。
nozaさんのコメントを読んで涙が出てきました。
僕ら人類は、いつからいたわりを忘れてしまったのでしょうね。

先生こんばんは。
うちの息子も、字を書くのが苦痛だし、どちらかというと個性的な、こだわりの強い子です。
小学校では何度か、病院への受診を勧められましたが、上の子がすでに発達障害だったので、カウンセリングを受けていました。その先生に息子も何回か会う中で、「要素としてはあるけれども、まだまだ成長段階」と言われています。
今の学校は、不登校や発達障害に理解があるように言っている割に、実際はとても偏見を感じます。
昔の・・・自分たちの時代の方が、こんなふうに発達障害だなどという診断もなかったけれど、個性的でも生きていけたように思います。
上の子は中学校1年で挫折しましたが、息子は今年の春から中学1年生になりました。これから3年間無事に通学・卒業できるかはわかりませんが、今は、この子らなりに自立していければ思っています。

(かねごん)
naga様コメントを頂きありがとうございます。
この世に生まれてくる子どもたちは、様々な愛を持って生まれてくる天使たちです。
子どもたちが抱える困難は、実は私達大人に対するメッセージなのかも知れません。
僕はそのメッセージを日々真摯に受け止めなければと思っています。

お世話になっております。
学校って何?義務教育?ここ半年、娘の事で泣かなかった日は ない。悩み苦しみ 自分の存在さえ 否定したい思いだった。先月の終わりにやっと娘が今までの学校生活を告白した。いじめである 思いあたるのは、小学3年からだ。 体の暴力と恐喝以外、全てのいじめを受けていた。気づかない駄目親 小学校の担任先生に騙されていた。反抗期なのかと思って対応してきた 娘に原因があると言われて学力がないと障害児扱い。何度 先生の言葉で傷ついたか 大人さえ苦しい 子供だったら とても受け止められいと思う。今までの娘がとった行動の一部がわかりました。これから 親として何が出来るか 相談にのってください。感情だらけの文面ですいません。

(かねごん)
コメントを頂きありがとうございます。
誠実さを装った暴君が一杯います。これが先生と呼ばれる輩だとたちが悪い。
でもですね。間違いなく放した毒矢は自分に帰ってくるんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この言葉そのものが子ども達を迫害している:

« 自然が警告している | トップページ | この状況であり得ないだろう »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ