最近のトラックバック

« 電子書籍 | トップページ | 光と影 »

2012年4月15日 (日)

国際教育?

最近は英語漬けだ。

平成25年度より高校での英語授業を英語で行うべしとの通達が、文科省より教育現場に降りて来ている。あくまでも文科省のかってな通達なので、すべての高校が順守するとは思わないが、高校は外国人講師を増やすなどして、対応を急いでいる。

僕が非常勤講師に行っている私立高校でも、本年度からアメリカ人講師を増員し、コミニュケーション能力の育成に力を入れ始めた。僕の英語の授業も、クラスによっては半分が外国人講師とのコラボ授業なので、僕なりの年間プランや指導要綱を作成せねばならず、毎日いろんな英語教材を眺めては、英語と格闘しているかねごんである。

と同時に塾の方も、今年は高校の3年生が例年になく多い年で、大学受験英語指導も多忙を極めそうだ。思考が英語で駆けまわり始めている。花粉症でぼ~としている脳みそに喝を入れなければならない。

よりによって英語指導が忙しい年に、中学校の英語の教科書が三省堂から開隆堂に変わった。教材をすべて変える作業もまだ全部終わっていない。

新高校1年生の英語指導も始まった。3名なのだが、全員が高校が違う。兎にも角にも使える英語の需要が増えている世の中で、様々な戦略戦が繰り広げられていくだろうが、僕はいつもながらの違和感を感じざるを得ない。

最近、僕のブログを読んだ方より、英会話を習いたい等の電話を頂くことがあるのだが、丁重にお断りしている。かつては大人のコースも開催したが、今は物理的に時間を確保できないことと、そもそも英会話という学問が存在しない。

どうでもいいような世間話を英語でやって何が面白いのだろうというのが僕の正直な思いだ。したがって英会話教室などの外人講師の先生には失礼だが、「好きなものは何ですか」なんていう英語はどうでもいいのである。

高校生にそんな英語を喋らせて国際教育なんて言うのなら、何度も言ってきたように、英語教育などやめたほうがいい。

死刑廃止の意義とか、イランとアメリカの危機的状況を回避するには、日本はどのようなスタンスをとるべきかなどなど、そういった意見を英語で言えて初めての国際教育なのである。

英語をやるなら徹底的にやるほうがいいだろうし、莫大なお金をかけて、英会話なる茶番を繰り返すなら、日本人に英語教育などいらないと僕は思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します

« 電子書籍 | トップページ | 光と影 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

かねごんさんこんにちは。イギリス駐在、英語で苦労してる1人です。話すことよりまず、聞けません!相手が何を言っているか聞けないと話せません。会話って相手があってこそですよね?コミュニケーションです。音楽でも何でもいいですからひたすら聞いて耳を慣らす環境を作らなければ、何を話すか?なんて意味がありません。英語ママたちのマシンガントークに脳をフル回転させて聞くのに必死で相槌が精いっぱいです・・・それでも半分以上内容がわからないのですから。だったら文法と単語をしっかりやる勉強した方がマシではないでしょうか?うちの子どもたちも、現地校で最初はひたすらインプットの日々の後、やっとディスカッションできるようになりました。それでももともと口下手な長男は、母国の日本語であっても英語であっても会話力は???です・・・

(かねごん)
ちぇりー様コメントを頂きありがとうございます。
僕は30年英語教育に携わってきて、今ちょっとした壁にぶつかっています。
英語は本当に日本人にとって必要かというジレンマ的葛藤です。
自問自答すればするほど、根っこは深いです。。。。

かねごん先生
こんにちは。初めて書き込みさせて頂きます。
私達一家は一関市に住んでいましたが5年前に夫の仕事の
都合で米国に引越ししました。
かねごん先生のブログを知ったのは「プレアデスカラー」の記事からです。
国際教育って何でしょうか?
白人から見たら日本人も中国人も韓国人も東南アジア人も
すべて同じアジア人です。
日本人だけが「日本人は優秀だ」と勝手に思い込んでいるような気もします。
今、外国に住んでいる私が後悔していることは自分が何も
日本古来の道、例えば剣道、空手、柔道(柔道は優れた指導者の監督のもとで練習しないと大変な事故につながりますが)書道、いけばな、着付け、日舞など何もできないことと、またそれらについて説明できるほど詳しく知りもしないし、また英語で説明できるような語学力も無い事です。実家が裕福であったなら私もそういうお稽古事をさせてもらえたでしょうが、今いる駐在の奥様達の中には、そういう習い事に秀でている方もいらっしゃるので、そういう方は現地校でも日本人学校でも大変重宝されます。
そういう日本文化を学校の授業の一環として英語で行うというのも国際教育と言えるのではないでしょうか。

(かねごん)
小石川様初めまして。貴重なご意見を頂きありがとうございます。
英語が話せなくても、日本人のidentityを外国人に示す手段は一杯あると思います。
日本の文化をしっかり子どもたちに教える教育は本当に大切なことだと思います。全く同感です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際教育?:

« 電子書籍 | トップページ | 光と影 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ