最近のトラックバック

« だいじょうぶ! | トップページ | 永遠のチャレンジャー »

2012年4月 6日 (金)

轍(わだち)

          轍

雪解けの林道を馬が橇をひいていく

切り倒された杉の木がまだ湯気をたたているようだ

北上高地の小さな盆地の中で

生涯を終えていく多くの命たちがいる

ほっかぶりをした老人が腰をかがめ大地をいとおしむ

草も木もそして動物たちも春が待ち遠しいのだ

繰り返す季節の輪廻の中で

田んぼの水が日差しの輝きに新たな命を吹き返す

中山峠から見える焼石岳の落日は

今生の美しさとはかなさを飲み込んで沈んでいく

夕日の紅が子どもらの顔をまでも朱に染め

老人たちは家路を急ぎ一日の幕をひく

雪解けに残った車輪の轍が消えるころ

一面にカタクリの花が咲く

何気ない風景が放射するエネルギーに

僕はまた目眩がしそうだ

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« だいじょうぶ! | トップページ | 永遠のチャレンジャー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 轍(わだち):

« だいじょうぶ! | トップページ | 永遠のチャレンジャー »