最近のトラックバック

« 大学生への仕送り | トップページ | 鼻水が止まらない »

2012年4月11日 (水)

エロ本ではなくて・・・

本日から高校での新年度の授業が始まる。今年は1学年がメインだ。

ところで昨年から塾での大学受験の英語指導が忙しくなっている。英語長文が苦手という生徒が増えている昨今だが、実は英語は国語力がリンクしている。

1語1語の単語の意味が分かっても、全体の意味が伝わってこない生徒は、英語文の読み取りもさることながら、日本語文の論文の読み取りが不可欠である。

言語に於ける思考能力は、古今東西共通点が多く、日本語の理論力が英語の理論思考を補ってくれるはずだ。

学校の教科書や問題集に出てきた単語やフレーズを使って、自分の思いを英語に書いてみることをお薦めしたい。日頃の不満や愚痴でもいい。インパクトのある例文を自分で書けば、記憶も増すだろう。

文章を理解するという行為は、実はその文章に対して共鳴なり批判が生まれて初めて成り立つ行為のような気がする。英文を読んで何も感じなければ、理解は生まれない。

その点では、砂を噛むような英文をいくら読んでも、なかなか頭の中では熟成しないだろうと思う。

080510_090426_2

僕などは高校時代、英語のエロ本をだいぶ読んだ。少々難解な単語が来ても、そこはさかりがついた高校生、想像力を働かせ読み込んでいったものである(‥笑い)。

おかげであっち系の俗語だけは随分とボキャブラリーが増えたが、肝心の受験英語はさっぱりだった。なにせ興奮する場面しか読まないわけだから読書と言えたかどうかも疑わしい。

だいぶ話が脱線してしまった。要は興味のある本を読むことが英語の王道であることを言いたかった分けだが、ぜひ受験生諸君、挑戦して頂きたい(エロ本ではなくて・・・)。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 大学生への仕送り | トップページ | 鼻水が止まらない »

受験生諸君へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エロ本ではなくて・・・:

« 大学生への仕送り | トップページ | 鼻水が止まらない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ