最近のトラックバック

« ピラミットから謎のビーム | トップページ | 夜明け »

2012年4月12日 (木)

故郷

人生で一番大切なものは生き甲斐だと思います。

朝起きてやるべきことがある人は幸せです。今日は僕はチューリップの球根の植え直しをやり、庭先の柵の修理をしました。午後からは高校での授業と、そして塾での仕事があります。

こうやってやるべきことが毎日ある生活に感謝です。

20代の前半、東京の私塾を退社した僕は、半年ほどプータローをしたことがあります。年を取ると、田舎の良さがしみじみと分かるものですが、東京から戻った僕は、田舎の退屈さが嫌で嫌でしょうがありませんでした。

吉幾三さんの歌ではありませんが、おらこんな村いやだ~♪の心境でしたね。

若いころは刺激が欲しいものです。その点東京は刺激の連続で、わくわくどきどきの日々でした。学生時代の4年間を時々振り返ることがあります。

バイトと音楽に明け暮れた日々でした。もっと真面目に勉強をしていたら、ひょっとしたらもっと楽な人生を歩んでいたかも知れないと、思わないことが無いわけではありません。しかしきっと、これが僕の人生なのでしょうね。

子どもの頃から、管理されることが嫌いでした。自分のやりたいことが出来ない生活は嫌でした。はっきり言えば我がままなだけの子どもだったのでしょうね。

自由気ままの人生というものは魅力的ではありますが、代償もあります。お金を選ぶか、自由を選ぶか、やりがいを選ぶのか、選択権は自由ではありますが、ある種の責任がついて回ることは避けられないようです。

最近は結婚をしない若者が増えていますが、愛する人と人生を歩むことは、大きな生き甲斐であると思います。

一緒にいれば確かに軋轢も生まれます。面倒なこともあるでしょう。しかしそれらがすべて学びです。

かく言う僕も、なんとか25年の結婚生活を過ごしてきました。あっと言う間でした。女房には僕より長く生きて欲しいと思います。思わなくても長く生きそうですが(・笑い)。

故郷はいいものです。今回のような震災があり、放射能がばら撒かれてしまった故郷ではありますが、僕は故郷と心中したいくらい故郷が大好きです。

人生で一番大切なものは生き甲斐です。岩手に暮らす子どもたちと一緒に学んで行くことが、僕の最大の生き甲斐です。これは命にかけて譲れません。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« ピラミットから謎のビーム | トップページ | 夜明け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷:

« ピラミットから謎のビーム | トップページ | 夜明け »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ