最近のトラックバック

« 春期講習のチラシが頻繁だ | トップページ | 今日は開校記念日 »

2012年3月14日 (水)

コム・デ・ギャルソン?

ズボンやセーター類はいつも市内のユニクロで買っている僕だが、ジャケットや靴は古着屋さんやリサイクルショップで買うことが多い。980円とか480円とかそんなジャケットを買ってきては、クリーニングに出すこともなく着古して捨てている感じだ。

女房には、たまにはいいやつを買えばと言われるが、なにせ元手がない。結果いつもヨレヨレのジャケットを身にまとっているかねごんである。

・・で、いつも僕が古着を買ってくると、冷たい視線を女房から浴びるわけだが、なぜか先日は違った。その日は午前中高校の授業を終えた後、花泉の歯医者さんに行った。職員会議が2時30分からだったのだが、思ったより早く治療が終わり時間があったので、市内の古着屋さんに立ち寄った。

春向きの麻っぽい着心地良いジャケットがあったので思わず買い、そなままそのジャケットを着て仕事に向かった。

夜自宅に戻った僕は、「このジャケットなかなか着心地がいいよ」と女房に見せたところ、「コム・デ・ギャルソンじゃないの」と目をいつもになく輝かせている。

「コムサデモード?」と僕。

「コム・デ・ギャルソンよ。高かったでしょう」と女房。

いつも980円のジャケットを買う僕としては、奮発して3000円も出したので、こんな古着にそんなにお金をだしてとおこられるかと思ったら、古着を買って始めて褒められた。春の珍事である。

ところでコム・デ・ギャルソンって何語だ?

ファッションには全く疎いかねごんであった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 春期講習のチラシが頻繁だ | トップページ | 今日は開校記念日 »

コメント

普通に買ったらたぶん10倍以上します。
ちなみに、パンツ(ズボン)は衣川の工場で縫製やってます。
変な絡みでスミマセン。

(かねごん)
ちあきん様コメントを頂きありがとうございます。
そんなにするんですか!
着心地がいいはずですね(・・笑い)。

こんばんは

フランス語で『少年の持つ冒険心(Avoir un sens de l'aventure comme des garçons,)』からきているファッションブランド名みたいです 

結構高いブランドなので3000円でしたらお買い得だと思いますよ~

(かねごん)
夏水様コメントを頂きありがとうございます。
『少年の持つ冒険心』と言う意味ですか。
なんか嬉しいですね。
古着屋さんもなかなか捨てたもんじゃないですね。
情報ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コム・デ・ギャルソン?:

« 春期講習のチラシが頻繁だ | トップページ | 今日は開校記念日 »