最近のトラックバック

« 代価エネルギーの促進研究 | トップページ | 『ちっちゃなはるまつり』 IN かねごん宅 »

2012年3月18日 (日)

紫玉の一枚

ジャズ盤の中で一番好きなレコードはと聞かれることがある。

録音の音、そしてジャケット、そしてプレーヤーの魂を総合すると、マイルス・デイビスのカインド・オブ・ブルーだろうと思う。

きっとこのレコードを持っている人は、ジャズが身体に染みこんでいる人だろうと僕は思う。

昨年震災で電気がなく不自由を強いられた。ガソリンもなく、車も動かすことが出来なかった。電気が来て、最初に聞いたCDがこれだった。

生きているという実感が沸いてきた。

何度聞いても素晴らしい一枚である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 代価エネルギーの促進研究 | トップページ | 『ちっちゃなはるまつり』 IN かねごん宅 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

マイルス・デイビスといえば、
私の敬愛するポップスター、プリンスとの
共演がきっかけで知りました。
晩年の作品「チュチュ」っていうかわいい
タイトルにも惹かれたことがあります。
随分と前になりますが、二人が同じステージに
立ったビデオも確か膨大なコレクションの中に
あったと思いますし、共作の曲もブートで
持っています。
かねごん先生が毎日の生活にジャズが欠かせない
ように、私もプリンスの音楽が食い込んでいます。
それは自分の仕事に対するスタイルにまで影響を
及ぼしています。
今日はオフなので、そんなところをブログ記事に
してみようかな。

(かねごん)
美川先生こんばんは。
僕も今日はオフ日で、久しぶりにコタツで昼寝をしました。
酒をやめてからジャズ浸りです。
プリンスいいですね。しばらくぶりで聞きたくなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫玉の一枚:

« 代価エネルギーの促進研究 | トップページ | 『ちっちゃなはるまつり』 IN かねごん宅 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ