最近のトラックバック

« まったく冗談になんかなっていない | トップページ | 今年度の広告費は・・・ »

2012年2月29日 (水)

暴走グセが治らない

合格発表の掲示板の下、歓声があがる。クラブ勧誘のチラシが配られ、校門では塾やかばん屋さん等のチラシ配りが「おめでとうございます」という声と共に、騒がしい。

自分の番号がない辛さは、本人だけの感情であり、誰が何を想像しようとも、知ったこっちゃない。

僕は毎年この合格発表が苦手だ。塾生が落ちるかも知れないとか、そんなことじゃない。あのざわめきが苦手だ。

Dvc00146

僕は高校入試の時に、2度も経験した、落ちる経験を。2次募集もダメだったその日、やけに空が美しかったのを今でも覚えている。

「あいつ頭悪かったんだ」

「運がなかったんじゃね」

容赦無くいろんな声が聞こえてくる。

自分の全てを否定されたような感覚。これが受験に落ちるということなんだなと、しみじみ思った。

自分の人生はこんなもんだろうと、グレかかったこともあった。しかし、馬鹿は馬鹿なりにやるべきことはあるんだろうなと開き直ったら、随分楽になった。

僕が先生と呼ばれることに、今も慣れていない。ギターとバイクと、そしてエロ本を回し読みして、馬鹿騒ぎをしていた若いころを振り返ると、先生面をして分かったようなことを話している自分が恥ずかしい。

このブログも同じだ。なんか立派なことを書かなきゃとか、教育のことをと思うのだけれども、ペンを持つと感情が先走り、いつも余計なことを書いてしまう。未熟者が服を着て歩いているような親父が故、迷惑をかけることも多々ある。

暴走グセが昔から治らない。困ったものだ・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« まったく冗談になんかなっていない | トップページ | 今年度の広告費は・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かねごん先生、こんばんは。

もう寝ようと思ったのですが、なんだか不安で、気持ちがふさぐので、「最後にかねごん先生のとこ、行こ!」とお邪魔しました。

私も大学受験に失敗し、担任や友人には「浪人したってどこにも受からないから専門(学校)行け」と言い放たれ、悔しい思いをしたことを思い出しました。
(負けず嫌いの性格で、一年後には見返しました^^。今となったら、言ってくれてありがとう、の気持ちです)

最近、自分の不安と、周囲の「なにも起こっていないかのような日常生活」とのギャップに、変な夢を見ているような心持になります。
SF小説を読んでいるような感じ。
こんなに色々心配している自分だけがおかしくなってしまったのではないのか?現実はなにもかも大丈夫で心配いらないのじゃないか?と・・・。

数年後、いったいどうなってしまうのか。
先が読めない、予定が立てられない危うい足元でいつまで踏ん張れるのか。
自分の軸がやわやわになってしまっている気がします。

(かねごん)
しろ様コメントを頂きありがとうございます。
春夏秋季節が巡って行きます。
春の来ない冬はありません。大丈夫です。
悪いこともいい事も、足して割るとフラットなのが人生ではないでしょうか。
だから僕は落ち込むときは、素直に落ち込むことにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴走グセが治らない:

« まったく冗談になんかなっていない | トップページ | 今年度の広告費は・・・ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ