最近のトラックバック

« 彼女の頭の中は????? | トップページ | どうも僕の読みは当たらない »

2012年2月12日 (日)

さようならWhitey Houston

20代の半ば、ラジオから流れてくるHoustonの歌声に元気づけられました。

All at once まさしく突然旅立って行ってしまいましたね。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 彼女の頭の中は????? | トップページ | どうも僕の読みは当たらない »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今晩は、かねごん先生。今朝CNNのTVを付けていましたら突然ニュースに切り替わりホイットニーヒューストンの死亡の知らせに変わりました。すぐさまTwitterで書き込むと瞬く間に反応がありました。本当に驚くべき世の中になりました。先生と同時期の世代ですので彼女の歌い手としての凄さの認識は共有していると思います。映画も観ました、渋谷の東急文化会館で。(今は取り壊されて今年渋谷ヒカリエとかいう超高層複合ビルがオープンします)一緒に行ってくれた人の思い出もありますがそれはそれとして、僕は小さい頃からブラスバンドをしていまして社会人の吹奏楽団にも席を置いていました。そんな事からアメリカのドラムコー(DRUM CORPS)とかマーチングバンドの様子をYOU TUBEで楽しんでおります。そしてあちらのスポーツイベントのオープニングには必ず国家斉唱の場面がありますが とりわけスーパーボールのそれは圧巻です。好きが講じてStar Spangled Bannerのシーンを集めてはMP3に変換し音楽アルバムとして楽しんでいるのです。一番のお気に入りはMartinaMcBride(ファンなので当然です)ですが、その他シカゴ大学出身のグループやBoyZ II Men .The Cactus Cutiesなどなど。The Cactus Cutiesはいいですよほんとに。小さい子供たちですがものすごくうまくて感激しました。前置きが長くなりましたが、この私的アルバムには当然のようにWhitney Houstonの歌がありその歌唱力は郡を抜いています。一度ぜひご覧なってください。All At Onceも久ぶりに聴きましたがうま過ぎますね、本当に残念です。

(かねごん)

shinkunnopapa様コメントを頂きありがとうございます。
また世界の歌姫が一人天国に逝ってしまいました。
自分の若い頃の思い出とリンクするのはやはり歌ですよね。

ミュージシャンかねごん先生
この突然の出来事は
やっぱり心に何か落としますよね。

マイケルと同様、
あの曲があって、彼女は永遠の伝説の
存在になってしまいましたね。

今日何度聴いたかな。

合掌。

(かねごん)
美川先生コメントを頂きありがとうございます。
昨日塾から帰ってきて、家内から知らされました。彼女の曲は新婚当時よくカーラジオから流れていました。
昨夜は感慨に耽っておりました。


スケールが大きい歌手がアメリカにはいるんだな~と彼女の歌声を聞いていた頃を思い出しました。

私の印象では2000年頃からは、彼女にとってあまりいいニュースではないほうが多く、
歌手を継続することが難しそうで少し寂しく思っていました。彼女の絶頂期の歌声が戻らないという。

それでも、間違いなく私の青春時代の思い出の中に、彼女のすばらしい歌声も一緒にあります。
これからも彼女の歌声は当時のままで継続していきます。
でも、彼女の成熟した今の彼女ならではの歌声を聞きたかったのは言うまでもありません。

(かねごん)
たんた様コメントを頂きありがとうございます。
そうですね。それぞれの心の中に、彼女の歌声が残っていきますね。
多くのアーチストがそうであるように、晩年私生活では大変な彼女だったようですが、彼女の歌声は多くの夢と豊かさを与えてくれたと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようならWhitey Houston:

« 彼女の頭の中は????? | トップページ | どうも僕の読みは当たらない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ