最近のトラックバック

« またまた因果関係がない | トップページ | 神に祈る気持ちだ »

2012年1月12日 (木)

教育に思う(再掲載)

最近家庭教育について聞かれることが多い。下の記事は僕が2年前にかいた記事だが、僕の家庭教育に対する率直な意見である。読んで頂ければ幸いである。

お母さんに手をつながれ、やっと歩いてやってきたチビちゃん達が、小学校に入り、そしていつの間にか自分の意見をしっかり言える子どもになっている。

シュタイナー教育のエッセンスを取り入れた幼児教育を初めて6年目を迎えるが、子どもたちの成長の早さには本当に驚かされる。

小学校時代は、躾の基本を作る大切な時期である。大人を敬い、そして友達を大切にする心は、素直さという精神性を育てる根っこである。

子どもを育てる上で、いちばん気を付けなければならないのは、我儘に対する親の対処法である。時に叱り、時に叱らないという一貫性のない親の態度が一番良くない。その日の気分で子どもを叱る態度が、子どもの情緒を不安定にさせる。つまり集中する精神が育たない。

次に親子間の言葉遣いである。友達のような言葉のやりとりは、小学校では早すぎる。親は威厳のある言葉で子どもと接するべきである。親の言葉に強さが必要である。親の自信ある言葉が、親の声に耳を傾ける習慣を作っていく。

家庭内で決めたルールは守らせることである。「今日は特別にいいよ」という態度が、大きなほころびとなり、大切な宝ものがこぼれ落ちて行く。個人的な見解の相違はあると思うが、僕はお金やもので、子どもの学習意欲を駆り立ててはいけないと思っている。

これは塾でも言えることだ。学校や塾内でのテスト順位が上がった生徒に、図書券などの賞品をあげる塾が多いが、何かしらの褒美のために努力をさせるという意識付けは、僕は間違っていると思う。

大人の社会は混沌とし矛盾に満ちている。目先の利益だけのための努力では報われない社会だ。その根本を子どもたちに教える必要がある。

すぐに結果が現われないからこそ、人間はもがき苦しむのだが、混沌とし矛盾に満ちているがゆえに、無限のチャンスが訪れるのである。だから子供たちを目先の餌で釣ってはいけない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。生意気な文章ですが、よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

« またまた因果関係がない | トップページ | 神に祈る気持ちだ »

コメント

かねごん先生、こんにちは。

まさしく私は「やってはいけない」育てられ方をして苦しんできました。自己肯定心が育たず、精神不安定で人の評価ばかり気にして、叱られる恐怖感に襲われます。
自分の性格が歪んでいることを自覚できたのは30歳を過ぎてからでした。

このままでは悔しいので(笑)自分が親になるとき反面教師とするように心がけてきたつもりでいます。

極力正しい(綺麗な日本語)言葉で判りやすく筋道立てて話すこと。毅然とした態度と一貫性。金や物のために努力するのではなく自分のために努力することを教えること。そしてその努力に対して(結果はどうあれ・笑)惜しみなく褒めること。子どもの態度や言葉に含まれることを汲み取ってやること・・・。
力不足ですが、日々奮闘中です^^。

(かねごん)
しろさんのその奮闘に心から拍手を送ります。
その気持ちが子どもをしっかり自立させるんではないでしょうか。僕はそう思います。、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育に思う(再掲載):

« またまた因果関係がない | トップページ | 神に祈る気持ちだ »