最近のトラックバック

« かねごんのお薦めパワースポット | トップページ | 早池峰神楽 »

2012年1月 5日 (木)

猛烈な勢いで時間が過ぎていく

元旦の日に同級生のお父さんが亡くなった。

お通夜に行ってきた。同級生と会うのは高校以来33年ぶりだった。横浜で銀行マンをやっている。すっかり何処から見ても銀行マンの風格だ。

「お父さんそっくりになったな」これが、僕を見て彼が発した最初の言葉だった。

彼とはガキの頃からの付き合いだった。我が家も、彼の家も決して豊かではなかった。ふたりとも幼稚園は行かず、毎日野山をかけずり回っていた。

小学校時代や中学校時代の話題で盛り上がった。

小学校の同級生は22名いる。20年前に小学校はなくなってしまったが、講堂と校庭は残っていて、今でも昔を偲ぶことができる。50をとうに過ぎたが、独身が4名ほどいる。

仕事はその人の風貌を形作る。自分は一体同級生にはどんな風に映ったのだろうか。塾教師、田舎ではかなり稀な職業だ。市内の個人塾の経営者では、50歳を過ぎた僕が一番若い。高齢化だ。

ご両親が亡くなり、彼の生活の基盤はずっと都会になるのだろうと思う。33年ぶりの再会は、いろんなことを考えさせられた。

2012年ももうすぐ1週間が過ぎようとしている。自宅に帰ると、女房が早くも羊毛でお雛様の人形を作っていた。特訓もあと3日で終る。猛烈な勢いが時間が過ぎていく。がんばらなければ・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです

« かねごんのお薦めパワースポット | トップページ | 早池峰神楽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛烈な勢いで時間が過ぎていく:

« かねごんのお薦めパワースポット | トップページ | 早池峰神楽 »