最近のトラックバック

« 冬期特訓初日 | トップページ | 年末・年始のお休みについて »

2011年12月29日 (木)

受験指導に命をかけている

今年のプロ野球は120名ほどの選手が戦力外通達を受けた。いわゆる首である。女房子どもを抱え、仕事を失う選手も多い。

プロの世界は結果がすべてだ。投げてなんぼ、打ってなんぼの世界である。

我々塾屋も全く同じだ。受験生を合格させてなんぼの世界である。人間教育だの、情操教育だと言ってみたところで、結果を出さなければ単なるハッタリ野郎で終わってしまう。

そう言う意味では、これから3月の受験までが本当に勝負どころだ。昨日から始まった特訓はまさに天王山だ。

今朝、工事業者が重機を運んで来て、僕の教室の前で作業を始めようとしていた。段取りを終えた業者さんには申し訳なかったが、お引取り願って頂いた。

僕も受験指導に命をかけている。工事をしないと言ったからには、下請けの業者だろうと何だろうと守っていただかなければならない。

今日は飛鳥時代から明治時代まで、歴史上の人物を60人ピックアップして70分で1600年の歴史を突っ走った。明日は理科の計算問題の全復習だ。

受験生達よ、突進だ!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです

« 冬期特訓初日 | トップページ | 年末・年始のお休みについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験指導に命をかけている:

« 冬期特訓初日 | トップページ | 年末・年始のお休みについて »