最近のトラックバック

« ジェラシー(嫉妬)についての一考察 | トップページ | 山で迷ったら樹木に尋ねれればいい »

2011年12月14日 (水)

リピート・児童への健康への影響はない

東京都杉並区は13日、区立堀之内小学校で、校庭に敷いていた芝生の養生シートから、1キロ当たり9万600ベクレルの放射性セシウムを検出したことを明らかにした。
 国が焼却灰の埋め立て基準として定めている「1キロ当たり8000ベクレル以下」を10倍以上上回っている。区が環境省に問い合わせたところ、同省は「シート1キロに対し他の廃棄物1トンを混ぜれば希釈され、埋め立て基準を下回ることは可能」と回答。区は焼却処分する方向で検討する。
 堀之内小では今年1月から、校庭の芝生を霜から守るため夜間にシートをかけていたが、3月18日から4月6日までは1日中敷いたままだった。その後は体育館の脇にシートを積み、現在は区の施設内で保管している。
 区は「シートを広げた状態の空間放射線量は地上1センチで0.10マイクロシーベルトで、区内の他の地域での測定値と同じ水準にあり、児童の健康への影響はない」(危機管理対策課)としている。 

いつもお役所がコメン卜する言葉、「児童への健康への影響はない」。

9万600ベクレルのセシウムが検出される環境が健康に心配ないと言い放つ無神経さ、無謀さ、みなさんはどう受け止めるだろうか。

この感覚で行くと、第3次世界大戦が起こって、世界に核爆弾が投下されても、日本は同じことを言い続ける気がする。「健康への影響はない」・・・・・。但し死んじゃうけどね。

上の記事を見ても分かるように、東京も深刻な状況だ。マスコミもテレビも知ってか知らぬか、相変わらずゆるゆるの報道だ。年末、年始のお笑い番組の制作に余念が無いのか、それとも、東電や政府と同じく、諦めたのか、末期症状だ。

誰かが奇跡でも起こして、放射能を皆無にしてくれるとでも思っているのだろうか。僕が関西人だったらこう言うだろうな。

あほんだら!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« ジェラシー(嫉妬)についての一考察 | トップページ | 山で迷ったら樹木に尋ねれればいい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
毎日読ませてもらっています。
和歌山で小さな塾を11年やってきました。
かねごんさんのブログから力をもらっています。

昨夜仕事を終えニュースを観ました。
おもわず、
「あほか!」と言っていました。

(かねごん)
井上様コメントを頂きありがとうございます。
和歌山は暖かいでしょうね。
岩手は每日寒い日が続いています。
報道も寒すぎますがね・・・・・。
冬期講習の準備で忙しい時期だと思います。
ご自愛下さいませ。

かなり寒くなって来ましたね。
といっても、関西は最高気温で10度をきると寒いと感じてしまいます。

場所が変わると、感じ方が変わるように、関西では東電の放射能に関しても考え方が軽いです。
そんな意識の低さを目につけてか、スーパーで売っている野菜の殆どは東北か北関東の野菜です。風評被害~って言われても、政府や検査機関を信じてないので、子供の事を考えると購入する際は気をつけるようにしています。
先日のこのブログで、きのこに関して書いてくれてたので、急いで調べました。実は、情報が耳に届いてなかったので最近まで食していました。(今から考えると子供に影響がないか怖いです)

母乳やミルクからセシウムが検出される等、ニュースを目にする度に自分の選択したものが子供が大人になって困らないようにしなければと心を新たにしています。

話は変わって、クリスマスの電飾に関してもヤメればいいのに平気で“復興”という名前でされている場所が多いですね。なんか違う・・・と言う気がします。
最近話題になっているゴミ問題も、東京電力管内の人ほど躍起になりますね。今まで使ってた電力が福島で作られていたのを忘れているようです。それこそ、東京電力本社で引き取れよ!って思ってしまいます。(東京電力は、お金さえだせば関係ないと思っているかもしれませんが・・)

どこまで汚染されているのか、数十年後に実感したときには、日本はどうなっているのか、心配です。今は自分の選択を信じて出来ることをしていくしかないですね。

いつか、旅行しようと思える余裕が出来たら家に遊びに来てくださいね^^

(かねごん)
コメントをありがとう。
実は関西の方々の、蚊帳の外という感覚が、食品にたいする防御が薄れ、内部被曝の危険にさらされている状況があるようです。気をつけてください。
奈良はぜひ行ってみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リピート・児童への健康への影響はない:

« ジェラシー(嫉妬)についての一考察 | トップページ | 山で迷ったら樹木に尋ねれればいい »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ