最近のトラックバック

« 使命感でも正義でもない | トップページ | 子どもたちを被曝から守るために »

2011年11月10日 (木)

放射能の拡散

東日本大震災:平塚市の公園内で規制超す放射線量 /神奈川
毎日新聞 11月9日(水)11時0分配信

 平塚市は8日、同市大神の大神北公園の入り口で、毎時0・8マイクロシーベルト(地上5センチ)の放射線量を測定したと発表した。国は毎時0・23マイクロシーベルト以上の場合は除染対象としており、公園でも周辺の土砂を取り除き、毎時0・06マイクロシーベルトに下がった。
 市環境保全課によると、地上から50センチでは0・27マイクロシーベルト、地上1メートルでは0・16マイクロシーベルトで、公園は立ち入り禁止にした。取り除いた土は9日にも、敷地内で50センチ以上の深さに埋め戻す。同市は放射線量が局所的に蓄積している「ホットスポット」を調べるため、7日から市内29カ所で詳細な測定を始めていた。
 近くに住む男性会社員(35)は「他にも高い場所があるんじゃないかと不安だ。子供には近くに行かないように注意させる」と話した。【渡辺明博】

上の記事は神奈川のとよ爺先生のブログ記事から拝借した。平塚市の対応は実に迅速であったと思う。一関市の対応の遅さに今更ながらため息が出る。

しかしこの神奈川平塚市の値は、岩手一関市の僕の自宅周辺より高い。考えたくはないが、静岡から東の日本は全て汚染されてしまっているのだろうか。

家内の実家がある相模原市でも、乾燥椎茸から730ベクレルの放射線セシウムが検出されたようだ。

一ノ関が危なくなったら家内の実家にでも避難しようと思っていたが、どこもセシウムの汚染がじわじわと進行しているようだ。

意識をしっかりもち子どもたちを守らなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 使命感でも正義でもない | トップページ | 子どもたちを被曝から守るために »

コメント

かねごん先生、こんばんは。
もはや他人事では済まない状況にこちらもなってきました。
この現場に近いGO君の塾は現場に近づかないように塾生
に指示したそうです。
どうなってしまうのか、想像もつかない状況になってきま
した。

(かねごん)
とよ爺先生おはようございます。
横浜の線量が高くなってきたという情報が入ってきました。
11月に入り木枯らしが吹くようになり、福島上空の風が南に向かい始めました。
先日の臨界報告が訂正されましたが、怪しいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能の拡散:

« 使命感でも正義でもない | トップページ | 子どもたちを被曝から守るために »