最近のトラックバック

« おかげで世論が動いた | トップページ | 時代は動く »

2011年11月23日 (水)

熱意に負けた

高校での定期テストの監督を終え、職員室に戻ろうとした僕の所へ、卓球部の男子生徒が走ってきた。僕の前に立ち止まると深々と頭を下げ「かねごん先生、僕達に卓球を教えて頂きけませんか」と言ってきた。

高校の部活動は夕方の4時に始まる。僕が塾での指導を始める時間と重なる時間なので、平日の指導は無理なのだが、彼の真剣な眼差しが僕の胸にドキンドキンと突き刺さる。

僕は日曜日は地元の中学の男子卓球部のコーチをしている。分身の術でも使わなかぎり高校の指導は厳しい。

「午前授業などで午後の早い部活の時間なら顔を出してあげるよ」

彼の熱意に負けて返事をしていた僕がいた。

そして昨日はその午前授業で、初の指導日となった。顧問の先生に紹介をして頂き、1時間半ほどの指導を行った。

大会に出て、思うようにプレーが出来なかったもどかしさがあったのだろう。僕の英語の授業以上に真剣に耳を傾けてくれた(笑い)。

僕の指導方法は、生徒と一緒にプレーをして、僕流の卓球の流れやリズムを体得してもらい、体で覚えてもらうことだ。卓球理論などというものは持ちあわせていない。

50歳を越えた老体には、その指導方法も年々厳しくなってきた。自分自身が思うように動けなくなったなら、卓球指導の引退の潮時だと思っている。

3月11日、そして4月7日の地震で、一関市内のほとんどの体育館が夏まで使用出来なかった。大会も少なかった。今年は岩手県内、プレハブの練習場で卓球を練習している高校生も多い。僕が行っている高校もそうだ。

昨日指導した生徒には、祖母を津波でなくした生徒もいる。ボールを一生懸命打ち込む若者たちの姿に、いつにない感動を覚えたかねごんであった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« おかげで世論が動いた | トップページ | 時代は動く »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱意に負けた:

« おかげで世論が動いた | トップページ | 時代は動く »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ