最近のトラックバック

« 女子児童たちが吠えた | トップページ | 生蒸気機関車を見た! »

2011年11月15日 (火)

北海道・中国・四国地方にもセシウムが拡散

東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質のうち、半減期が約30年と長いセシウム137が、3月20日からの1カ月間に中部や中国、四国地方の山岳地帯や北海道の土壌に沈着した可能性があることが分かった。米大学宇宙研究協会(USRA)や名古屋大、東京大などの国際チームが14日までに行ったシミュレーションの結果で、米科学アカデミー紀要電子版に発表される。
 これらの地域の大半は人体に影響を及ぼしたり、除染が必要だったりする汚染濃度ではないと推定される。ただ、局所的に濃度が高いホットスポットが存在する可能性があり、詳細な調査が必要という。
 USRAの安成哲平客員研究員や名大の安成哲三教授、東大の早野龍五教授らは、ノルウェーで開発された地球全体の大気輸送モデル(20キロ四方単位)とヨーロッパ中期予報センターの気象データ、文部科学省の降下物観測データを組み合わせシミュレーションした。
 その結果、日本列島へのセシウム137沈着量は1カ月間で1000ペタ(ペタは1兆)ベクレル以上と推定された。福島県を中心に東北、関東の太平洋側の沈着量が多いのは文科省の航空機モニタリング結果などと一致したが、中部、中国、四国の山岳地帯や北海道でも、低気圧が通過した際に同原発からセシウム137の微粒子を含む風が流入し、雨で沈着した可能性が示された。 時事通信

福島第一原発は、既存する原子力発電所の50分の1だ。その50分の1の崩壊がもたらした放射能は日本どころか、太平洋をわたり一部はハワイ諸島まで流れ込んでいる。

日本近海の大陸プレートが、今回の大地震でかなり揺さぶられた。いつ巨大地震が来てもおかしくない状況の中、各電力会社は、全く原発を止める気配はない。なんとか静岡の浜岡原発が止まっただけだ。

万が一どこかの原発が事故を起こせば、日本は万事休すだ。このことは誰の目にも明らかであるはずだ。極力電力を消費するものは控えなければならない。

原発が止まれば経済が止まると言われているが、人間の命が優先されない世の中であってはいけない。僕はかつてのブログにも書いたが、高校1年から大学を終えるまでテレビを一切見なかった。しかし不自由など感じなかった。本があれば十分だった。

オール電化政策の影には、様々な利権が蠢いているのだろうが、震災で一番困難を被ったのはオール電化の家だった。

電力会社のお墨付きを貰わなければ稼働しない太陽光発電など要らない。民間企業の導入を促し、電力の自由化をすべきである。かつて電話線を独占していた電電公社の電話料金を見ても分かるだろう。あの時代の料金はなんだったんだろうという感じを誰もが持っているはずだ。

世界でも日本の電力料金はとても高い。税金の高さも含め、そのことが日本企業の海外移転の原因にもなっている。そして国内の雇用が激減した。

我々の国は、既存のシステムを脱却しなければならない。未来のために。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 女子児童たちが吠えた | トップページ | 生蒸気機関車を見た! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

北海道にも・・・・という話を聞いて、やっと情報が開示されてきたか、と思う気持ちと、北海道が汚染されていることを再認識することで、複雑な気持ちです。(RTもしていますが。。)

日本の電力料金の高さは異常ですね。
自由化賛成です!
これ以上独占企業に勝手なことをされるのは許せません。
世界中に放射能を撒き散らしている東電が罰せられないのはなぜなのでしょう。

(かねごん)
noza様コメントを頂きありがとうございます。
東電と政治家の繋がりは、闇が深いと思いますよ。
あれだけお金をばらまいてきた東電は、きっと抜き差しならない最後のコヅチを持っているでしょうから・・・

発想の転換が求められているにもかかわらず
それが日本人はとても苦手な分野のような気がします
替りのエネルギーを求めるのではなく
エネルギーを大量に消費しない生活をする
食べる物が無くなってしまうと騒ぐのではなく
あるもので工夫する
だいぶ前のことですが、確か生活を1960年代に戻そうなんて運動があったような気がします、またたくまに声はかき消されてしまいましたが
ライフスタイルを見つめなおすことから始めなくては
ならないと思いますが、はたしてそれが大きな流れになるのか?・・・でもそうなってほしいと思っています

(かねごん)
yaeko様コメントを頂きありがとうございます。
まさに足りるを知るということが、今の日本人にとって必要なことではないでしょうか。
大量消費の時代は終焉を迎えなければならないと思います。

先月、偶然見つけてから拝読させていただいています。中部地方で英語を教えており、欧米メディアからの情報を3.11から収集し、ヤフコメで警鐘を鳴らし続けたり、官庁に抗議のメールを書いたりしています。

指導方法の改善より、欧米から情報を得ることの方が、3.11以降はよほど生きる力の育成になるのに、欧米からの警鐘を伝えられない英語指導者なんて、何の意味があるのか?と悩んでいます。
また、「風評」を流してはいけない職業なので、関東に進学するという子たちにも何も言えず、胸を痛めています。

この記事に、思わず投稿させていただきました。他紙にはさりげなく書いてあったので気づいたことですが、最大の問題は、「3月11-19日までの、最も放射能が降り注いだ」時期を除外している点です。隠蔽にしか見えないのは考えすぎでしょうか?

11-19日の飛散量を含めたら、恐らく発表できない色の地図になったはずです。とにかく、スキーシーズンで放射能汚染雪の中を若者が駆け回る前に、欧米から情報が出ることを期待しています。

(かねごん)
中部様コメントを頂きありがとうございます。
メルトダウンした時は、誰も線量計など持っていませんでしたが、僕がお世話になっているドクターの友人が、3月に降った岩手の雪を測った時に、振り切れたそうです。
雪は雨よりも、放射能を運ぶようです。
本当にこれからの雪の季節、防御が必要です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道・中国・四国地方にもセシウムが拡散:

« 女子児童たちが吠えた | トップページ | 生蒸気機関車を見た! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ