最近のトラックバック

« 大地への祈り | トップページ | 放射能の拡散 »

2011年11月10日 (木)

使命感でも正義でもない

僕の塾に来ている生徒のお母さんが言っていた。

「東北は政府から見捨てられたんでしょうか」

残念ながらNOとは言えなかった。

震災に対する対応はあれが限界だったとは言いがたい。

自衛隊の方々の頑張りようは本当にすばらしかった。

しかし

東電サイドにべったりひっついて、真実を言わなかった政府を、僕は許せない。

直ちに健康を害する値ではない。この言葉を信じた人達がどれほどいただろうか。

いや、信じたかった人達と言った方がいいかも知れない。

汚染地域だと言われれば、客商売は成り立たない、煽らないでくれと言いたい気持ちはよくわかる。

でも真実を覆い隠して、知りませんでした。気づきませんでしたはやめようぜ。

証拠も根拠もないのに、放射能や健康被害をでっち上げるな。売名行為はやめろと、僕の反原発・放射能警告記事にメールをくれた方々に言いたい。

もしそういったメールをよこす方々が、東電サイドや政府関係者よりの方なら、どこかで許せるスペースはまだある。個人的に僕を嫌っている方でもしかりだ。しかし岩手や宮城や福島に住んでいて、本気で反原発者や放射能警告者を批判しているなら、撒いた種を刈り取ることになると思うよ。

僕は無宗教者だが、神様を信じている。

僕がこの塾ブログで放射能問題を書くようになって、多くの奇跡が起こっている。4年間每日このブログを書き続けてきたのは、何者かに書かされてきたんだなという思いは強い。

4年前、1ヶ月間で200人ほどの読者しかいなかったこのブログも、今年の春からは多くの方に読んでもらっている。本当に感謝である。

岩手の山里から、50をとうに過ぎた塾オヤジが吠えたところで、何も変らないのかも知れない。きっと変わらないだろう。

しかし何度も言ってきたように、書かないで後悔だけはしたくない。だから書き続ける。使命感でも正義でもない。僕自身がとてもとても不安だからだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 大地への祈り | トップページ | 放射能の拡散 »

コメント

こんにちは。武田邦彦先生のブログからこちらを知り、見させていただいています。50代、静岡在住です。
震災以降、政府、マスメディアの言うことに疑いを持つようになりました。
インターネットで各地の生の声を発信していただいたり、いろんな方の情報を聞けたり、本当に助かっています。ありがたいです。情報の洪水の中で、最終的に判断するのは、自分自身だと思います。
こちらのブログからの発信、信じていますよ。書きつづけてくださいね。よろしくお願いします。o(_ _)o

(かねごん)
hanamori様コメントを頂きありがとうございます。
放射能汚染の拡散は、残念ながら収束に向かってはいません。
枯れ草や枯葉、稲わら等の野焼きがセシウムを拡散しています。警報をならし続けたいと思います。

「使命感でも正義でもない。僕自身がとてもとても不安だからだ」

野の花好きの私はつらつらと花のことをブログに綴っていました。でも3,11後反原発について
無駄だと思っても、もう止めようかとおもっても
書くことを止められない理由が解かりました
私も不安で、怖いのです

(かねごん)
yaeko様コメントを頂きありがとうございます。
誰もが同じだと思います。不安で怖いんです。僕もそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使命感でも正義でもない:

« 大地への祈り | トップページ | 放射能の拡散 »