最近のトラックバック

« 平穏な塾ブログに戻ることはないかも知れない | トップページ | 報道の信憑性さえもはや疑わしい »

2011年11月 2日 (水)

西暦に追いついた

今日の記事はブログを書き始めて2011稿目。西暦に追いついた。

昨日は家内と水沢の駒形神社に行ってきた。朔日参りである。

引いたおみくじの神の教

死ぬる思いも祈れば神の強い力で生き返る

七転び八起きという。

倒れても起き上がり、転んでも立ち上がり、

力を落とさず、希望を捨てず、

神様の御照覧の下に、

正しい道を、ぐんぐんと進んで行く。

ただこの世限りの命ではない。

幾千万年の末までつづく、魂の世界がある。

いつも77が現れる交差点に差し掛かったが、77の対向車は来なかった。『僕の進む道に翳りが出たか』と、僕の気持ちは沈みかかった。

ふと見ると、交差点横のアパートの路地に工事用のトラックが横付けされていた。プレーと番号は777だった。そしてそのあと、神社で引いたおみくじの中身が、上記のものだった。

しっかり七の文字が記されてあった。

教室に戻ると、白ゆりテストの問題が届いた。僕の塾の会場ナンバーが記されていた。

557。GO GO 7 だ。さていざ出陣だ!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 平穏な塾ブログに戻ることはないかも知れない | トップページ | 報道の信憑性さえもはや疑わしい »

コメント

かねごん先生

こんばんは。
放射能コメントに関して
無学な私が横槍を入れることは
躊躇していました。
私のような塾屋馬鹿には
ステージが高すぎますので・・・。

しかし、未来の日本を背負う
子ども達のことを考えると
この現状は善しとできません。
岐阜にも400名程の方が
東北から移り住んで来たと
当NPO理事長の杉浦氏が言っておりました。
自分にできることを私も
かねごん先生と同じように
粛々と行うだけです。
できること、でき得ることを・・・。
身の丈サイズで・・・。

777神話
生きていますね。
これは本当に凄いことです。
もう偶然とは言えませんね。

(かねごん)
上野先生コメントを頂きありがとうございます。
4日間で20万アクセスという信じられないアクセスが押し寄せました。その余波は今も続いています。
家内とも話しておりましたが、やって来る様々なメールに、2年前の僕ならきっとブログを消去し、サイトを閉めていたと思います。
今は、上野先生のような塾屋の同胞がいます。勇気をもらっています。
感謝申し上げます。

伊庄さんのブログを読んでかねごん先生のブログを読ませて頂きました。県南の放射能汚染の内容に涙が止まらなくなり息が苦しい。気仙沼の地元紙にも放射線量は記載され安全レベルにはなっているようですが、ホントなのかと疑う日々です。以前六ヶ所村の処理施設の稼働による自然界に及ぼす影響の資料を読んだ事があります。恐ろしい思いをし子供達も「もうお魚食べられなくなるね、どうしよう。」と悲壮感を漂わせていました。メリットだけを伝えデメリットは伝えない、本当にそれでいいのか。豊かさや便利さを追い求める事を考え直す時期に来てるのかも知れないですね。

(かねごん)
月香さま真摯なコメントを頂きありがとうございます。
最後にこの困難な状況を変えるのは僕は愛だと思っています。
人間の想いは、宇宙をも動かすエネルーギーです。
今、大きな愛が動き出しています。
大丈夫です。東北は、日本は必ず蘇ります。

風と虹の教室で二年生の息子がお世話になっております。かねごん先生と奥様の発信に、学び、勇気づけられている日々です。

自分が学ぶことと我が子を守ることに精一杯の数ヶ月でしたが、市内の生徒さんの急死から、私の中の何かが崩壊しました。

私は何に遠慮していたのか?社会へ「おとなしく」がまんしていたことや、誰かに「話す」ことをためらっていた自分が、いやでいやでたまらなくなってしまいました。こどもたちを守る!奥底からの衝動を冷静に受け止めて、職場で、息子の幼稚園で、家族や友人に、発信しはじめています。ご批判も受けます。共感し学び始めてくれる方もいます。

実は先週、私も連続して「7」が目に入る事があったので、数字の意味に詳しい知人に尋ねました。

「7」は試練の時に訪れるそうです。

ラッキーセブンとばかり期待していた自分は、甘かった・・・と思ったのですが・・・

愛と調和のための試練なのかな・・・

と感じています。

国に、御用学者に、東電に、愛のないことばに、はらわたが煮えくりかえりますが、自分の中の愛と調和を忘れないで、一関で生きていきます。

先生、昭子先生、本当にありがとうございます。

けんの母

(かねごん)
奈織美様コメントを頂きありがとうございます。
そうですか7は試練ですか。
と言うことは、何もしない所に試練はないのですから、やっぱりラッキー7だと思いますね。
おっしゃる通りで、調和は大切だと思います。
戦うのではなく、和していくことが、状況を変える流れを作るものと僕も考えいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西暦に追いついた:

« 平穏な塾ブログに戻ることはないかも知れない | トップページ | 報道の信憑性さえもはや疑わしい »