最近のトラックバック

« 時代は動く | トップページ | エアロ・スミス10度目の日本ツアー »

2011年11月24日 (木)

壁に耳あり障子に目あり

高校での授業が終わった後、僕は某喫茶店でコーヒーを飲みながらブログの下原稿を書いていた。

お店に元気印バリバリのオバチャンたちが3人入ってきた。そのオバチャンたち、こっちのテーブルがいいだの、こっちが寒いだの言って、2度も先客である僕を移動させた。

図々しいババー達(笑い)と思いつつ、50を過ぎたヤングおじさんは、お年寄りにたてつくことも出来ず、ストーブに近い席を譲ってあげた。

しばらくすると、そのオバチャン達のうちの一人のケータイが鳴った。僕がいるにも関わらず声が大きい。

「その件は文科省に直接私が言うわ」

「ダメダメ時間がかかりすぎるわ。◯◯政務次官に言ってみるけど、念をおして◯◯に直接私が話しを通しておくわ」

政治音痴の僕でさえ知っている政治家のビックネームがおばちゃんから発せられた。

僕は、なんだこいつはとしげしげとババーいや失礼、おばちゃんの顔を見ると、テレビで時々見かける某女性代議士であった。このおばちゃん代議士は、すぐさま文科省に電話を入れ、何やら下っ端の役人を脅かしている(笑い)。

ちょうどブログ記事の下書き原稿を書いていた僕は、その時その会話をメモすることも出来たが、どうでもいいような裏工作の話だったものだから、全く興味もなくなり、コーヒーをすすり、晩秋の風景を眺めていた。

そのおばちゃんにしてみれば、まさか席を譲ってもらったしょぼくれたハゲ親父が、自他ともに認める政治批判に燃えるブログ依存症の塾オヤジだとは知る由もない。

岩手のど田舎に来て、きっとセンサーが緩んでしまったと思うのだけれど、おばちゃん!壁に耳あり障子に目ありですぞ、お気をつけあそばせ・・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 時代は動く | トップページ | エアロ・スミス10度目の日本ツアー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壁に耳あり障子に目あり:

« 時代は動く | トップページ | エアロ・スミス10度目の日本ツアー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ