最近のトラックバック

« 無礼講といえども侮れない | トップページ | 中3生平日コースあと一人だけ入れます »

2011年10月19日 (水)

粛々と・・・

塾屋サミット IN 一関最終章

3日目は世界遺産登録を果たした平泉中尊寺を訪問した。四畳半スクールの永田先生は、一足先に岩手を辞し、向上館の熊谷先生は市内の実家へと向かい、熟年塾軍団7人が、まだ朝霧がかかる月見坂を、本堂へと向かった。

080510_085656

金色堂前でガイドさんに撮ってもいらった記念写真である。僕がブログを書き始める4年前までは、全く面識も何もない方々である。それが30年来の同窓生のような感覚で、遠慮無く議論し、騒げる不思議さ。岐阜や神奈川の塾屋さん方と、腹を割って飲んで歌う日々、これを奇跡と呼ばずして何を奇跡と言うだろうか。

3日間の車での視察は、170キロにも及んだ。77のレンターカーの守護もあり、怪我も事故もなく、天気にも惠まれ無事日程を終えることが出来た。

塾屋サミットなどという、横柄なタイトルでしたためてきた、今回の親睦会の記事だが、もっともっといろんな所に先生方をお連れしたかったかねごんである。

塾業界は冬の時代どころか、氷河期に突入したと言われているが、今回お越しいただいた先生方の塾は、想像を絶する努力と行動力で、躍進を続ける塾である。今回の研修では、本当に多くの事を学ばさせて頂いた。

ブログが縁で大きな大きなネットワークが生まれている。放射能の問題や、就活の問題、食の問題、そして教育の問題、僕は今後も謙虚に皆様からの意見を拝聴し、自分がやれること粛々とやっていきたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 無礼講といえども侮れない | トップページ | 中3生平日コースあと一人だけ入れます »

コメント

当日までの準備・計画、当日早朝から深夜までのガイド、そしてこのブログ、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

かねごん先生のオーラ、よく分かりました。粛々とという言葉がよく似合いますよね。だけど今度お会いする時はそのオーラを掻き分け人間かねごんと直に触れ合いたいと思います。教育・音楽等の枠組みを取っ払い、かねごんそのものを掴みたく思います。
今度、お会いする時、それがいつであっても構いません。1年後でも5年後でも10年後でも。その時を楽しみにしています。

本当にありがとうございました。ドラゴン先生にもよろしくお伝え下さい。

(かねごん)
永田先生コメントを頂きありがとうございます。
先生のブログを読むと、先生は詩人なんだと思います。
僕のような凡人には到底感じることのできない風を感じることができる方だと思います。
友人の小林先生も言っていましたが、そこはかとなく鋭い感性を放射する塾屋だと思います。
ぜひ会いにいきますよ!

かねごん先生

無鉄砲な上野でお恥ずかしい限りです。
先生と同じ歳とは思えない馬鹿男です。
思ったことをすぐに口に出し、
かねごん先生の爪の垢でもいただかねばなりません。

塾屋しかできない男です。
まったく潰しの利かない不器用な男です。
こんな男ですが大好きな塾道を
自分が納得するまで走り通します。

今後共、宜しくお願いいたします。

(かねごん)
上野先生コメントを頂きありがとうございます。
先生の元気印は僕の憧れですよ。
有言実行のバイタリティーは、僕が見習わなければならないところです。
こちらこそ末永いお付き合いをよろしくお願い致します。

こんばんは、ブログを続けて良かったなと思うことはたく
さんありますが、その一番は今回のような奇跡です。
3日間、かねごん先生・小林先生のお気遣いは、胸が痛く
なるほどでした。
上野先生の提案で東北に出かけ、皆さんを元気づけようと
いうのが目的でしたが、私たちお方が元気づけられると言
う、まったく情けない結果に終わりました。
しかし、今回のことで私もいろいろなことを学びました。
できることから始めたいと思います。

(かねごん)
とよ爺先生のブログがすごい吸引力を持っていて、その放射する力が皆を惹きつけ、今回のような奇跡を起こしたのだと思います。
每日、每日学ばさせていただいております。
今後も宜しくお願いします。

この件の記事、
もう終わってしまうのですか。
私は完全にスローペースですね。
というか、
内容が濃すぎて、どこをどう書こうか
迷いながら続けている始末です。(笑)

思いのままにまだしばらく続けます。

(かねごん)
美川先生、いやいやまだまだ続きますよ。今回の学びで得た叡智は、僕のブログの50回にも相当する、濃い内容でした。
2日前から風邪を引いてしまい、シンドイ状況ですが、ドラゴン先生に助けてもらっています。
ドラゴン先生は、僕の塾に来て、1週間もしないうちに、超個性的なビックウエイブを経験してちょっと放心状態のようでしたが、持ち前の冷静さが戻ったようです(・・・笑い)。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粛々と・・・:

« 無礼講といえども侮れない | トップページ | 中3生平日コースあと一人だけ入れます »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ