最近のトラックバック

« 悟りって何ですか | トップページ | 塾屋サミット IN 一関 パート2 »

2011年10月10日 (月)

塾屋サミット IN 一関 パート1

二日間塾に泊まり込み自宅に戻らなかった。徹夜で仕事をしたわけではない。神奈川学心塾のとよ爺先生、GO先生、岐阜の上野塾の上野先生、西国原先生、志道館の美川先生、熱海向上館の熊谷先生、四畳半スクールの永田先生、そして学び舎の小林先生、僕かねごんと、今月から僕の仕事を手伝ってくれているドラゴン先生の総勢10名の塾論バトルを3日間行った。そして僕と小林先生は、そのバトルの日々が終わると僕の教室に帰還し、ぶっ倒れるように寝た。

三日間、陸前高田市の訪問や、陸奥の祈りの場所の探訪をして頂いた。どうも僕の計画したスケジュールは過密だった感があったが、なにぶん素人の添乗員ゆえおゆりし願えれば幸いである。

初日は風聞園での顔合わせから始まった。知る人ぞしる一関の静謐な空間である。僕の先輩塾屋、斎藤氏の人生を費やした芸塾作品である。

080511_153003_2

神奈川、岐阜の先生方をまずは驚かして、感動させる僕の狙いは的中したようだ。夕暮れ時に森閑として佇むこの風聞園は、まさに脳みその何かを猛烈に刺激してくれた。僕らのために遅くまでお店を開けて頂いた斉藤さんの奥様、感謝申し上げます。ありがとうございました。

風聞園を後にした塾屋軍団は、僕の小さな小さな教室に向かった。

続く・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 悟りって何ですか | トップページ | 塾屋サミット IN 一関 パート2 »

コメント

金田先生、ありがとうございました。

すっかりおまかせしてしまい、さぞ疲れたのではないかと申し訳なく思っております。その上、金田先生のところに二晩もお世話になってしまい、恐縮至極です。

それでも、今回の塾屋サミットに参加できてよかったと思っています。いろいろと皆さんから刺激をいただきましたし、金田先生とも久しぶりにじっくりと語り合う機会ができて、とてもうれしかったです。

金田先生と話していると、突然頭の中にひらめくものがあって、日頃うまく言葉にまとめることができなかったものに、ピタッとはまる言葉を見つけられる心地よさを味わいます。今後ともよろしくお願いします。そして、お疲れさまでした。

(かねごん)
小林先生とこんなに濃密に話が出来たのは、本当に久しぶりでしたね。
今後一ヶ月間のブログネタがおかげ様でできました(笑い)。
小林先生と永田先生を見ていると、兄弟のような感じでしたね。新たな出逢いだったのではないでしょうか。
本当にこちらこそありがとうございました。

御礼

何から何までお世話になり、
本当にありがとうございました。
今日は1日中、自分の感覚を日常に
戻すのに苦労しました(笑)
ブログもネタがありすぎて
スピーディーに書けない始末です。

これだけの人が集まると、
それぞれの感じ方があって
読み比べがおもしろそうですね。

遠い距離ですが、次回は是非とも
岐阜にもお越し下さい。

(かねごん)
美川先生こちらこそ大変お世話になりました。
先生のフットワークがなければ、今回の絆は生まれなかったと思います。感謝です!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾屋サミット IN 一関 パート1:

« 悟りって何ですか | トップページ | 塾屋サミット IN 一関 パート2 »