« 4年間のブログの中で一番切れた記事 | トップページ | プレアデスカラー »

2011年10月25日 (火)

ベラルーシの教訓

かねごんさんはメッセンジャーなんですから書き続けて下さい。訴え続けて下さい。そんなメールを多く頂くようになった。勇気を頂く言葉ではあるが、正直フレッシャーでもある。

ちょっとした会合などで、「ブログ読んでますよ!」などと声をかけられると、ドキッとしてしまいたじろんでしまう僕がいる。

昔のカルビーカッパえびせんのCMではないけれど、やめられない止まらないの状況に、自分が追い込まれた感じがして、2ヶ月前などは、ブログを休息しようと思った自分がいた。

50を過ぎた初老男のマスターベーション的な自己満足じゃないかと、一向に進展しない国や県や市の対応に苛立ちと絶望を感じていた。

今日の岩手日々に一関市長のコメントとして、「放射能の問題に強い危機感を覚える」みたいな記事が載っていたが、今まで危機感がなかったのかよと、マジにどつきたくなる気分だった。メルトダウンからもう何ヶ月が過ぎたというのだろうか。

広島水爆の40倍とも60倍とも言われる大量の放射能が降り注いでしまった東北、北関東。多くの町の空気線量が0.5マイクロシーベルトを超えている。

僕はチェルノブイリ事故で汚染されたベラルーシの現状を何度かこのブログで書いてきた。事故後、0.28マイクロシーベルト以上の放射線量の村が全て廃村になっている。事故の7年後あまりに多くの子どもたちが、甲状腺癌やリンパ癌にかかり、村が閉鎖させれたのである。

チェルノブイリから180キロ圏内のほとんどの村が消えた。

Syouzi

この事実を知って、黙っていられる人間はいないだろう。東北のほとんどとは言わないが、0.28を超えない町を東北・北関東で探すことの方が困難だ。

癌だけじゃない。0.3マイクロシーベルトを超えれば、心臓発作やクモ膜下出血等のリスクが急に増えることが、報告されている。

幸いにも、僕の自宅も教室も線量は0.06~0.09の値だ。しかしちょっと離れた田んぼを測ると線量はだいぶ高くなる。

市内の中学校では、教室内の放射能値が0.5マイクロシーベルトを超えている所がある。学校の先生は「安全です」を連呼しているが、僕は根拠を知りたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 4年間のブログの中で一番切れた記事 | トップページ | プレアデスカラー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/42681086

この記事へのトラックバック一覧です: ベラルーシの教訓:

« 4年間のブログの中で一番切れた記事 | トップページ | プレアデスカラー »