最近のトラックバック

« 世界核戦争基準 | トップページ | 孤独な音楽との対話 »

2011年9月22日 (木)

高校生が作ったブルーベリージャム

東日本大震災で被害を受けた東北地方を支援しようと、岡山のデパートで高校生が東北物産展を開いた。岡山市中区の山陽女子高校のクラスが被災地の高校にアンケートを取っておすすめの特産品を調べた。実行委員の女子高校生は「もっと力になりたい」と話す。
被災地の高校への特産品アンケートで、岩手県一関市の一関修紅高校の「高校生が作ったブルーベリージャム」が目にとまった。デパート側の「商品を500個用意したい」との要請を受け、高校側を訪問した生徒が震災の爪あとに絶句する。交渉の結果、200個の製作を取り付けた。
本番準備。現地訪問のレポートも盛り込んだ。今月14日の物産展初日の準備光景。一関修紅高校のブルーベリージャムも店頭に並んだ。物産展初日、仙台から避難したという客が感動したとコメント。

TVでた蔵(TV DATA ZOO)より

一関修紅高校は僕が大変お世話になっている高校だ。僕の塾から徒歩で5分の場所にある。僕が英語の講師として行っている学校だ。

自宅でNHKのニュースを見ていたところ、岡山の山陽女子高校の東北支援の話題が出てきたのだが、映像にいつも僕が行っている修紅高校が出て来てビックリ。それも今回の震災で崩壊した鉄筋コンクリート5階建ての旧女子寮の映像が表れ、絶句している山陽女子高生の顔がアップになっていた。

実は3.11の直後自転車で修紅高校の様子を見に行ったときも、僕も同じような表情をしていたかもしれない。僕が小さい頃から立っていた建物なので、老朽化はしていたのだろうけれど、衝撃的な風景だった。その建物も先週までに取り壊され更地になった。

NHKで紹介されたジャムはこれだ。

080510_085949

一関修紅高校の生徒達が丹精こめて作ったブルーベリージャムである。一関修紅では10月1日から2日にかけて文化祭が行われる。どうぞおいでください。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 世界核戦争基準 | トップページ | 孤独な音楽との対話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校生が作ったブルーベリージャム:

« 世界核戦争基準 | トップページ | 孤独な音楽との対話 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ