最近のトラックバック

« 最大の敵は『早期教育』である | トップページ | 高校生が作ったブルーベリージャム »

2011年9月21日 (水)

世界核戦争基準

一関の放射能数値は雨の日は2倍から3倍以上です。きっと東北の値はみなそうなっているはずです。

雨の日は自転車や徒歩での通学や通園を控えましょう。市が発表している放射能値は晴れた日の値です。雨が放射能を空から降らせています。塾通いに於いても、自家用車での送迎をお願いします

ガイガーカウンターが警報モードになる雨の日の外での活動を、小さな子どもたちにさせてはいけません。

東京電力福島第1原発から流出した放射性物質(放射能)による健康被害への不安が広がるなか、放射線による発がんリスクが出始めるとされる年間100ミリシーベルトを浴びた場合、そのリスクは、受動喫煙や野菜不足とほぼ同程度であることが30日、国立がん研究センター(東京)の調べで分かった。同センターは「日常生活にもさまざまな発がんリスクが存在する。むやみに不安がるのではなく、放射線のリスクを正しく理解してほしい」と呼びかけている。(原子力取材班)産経ニュース

上記のような政府寄りの記事が新聞社から出まわっていますが、とんでもない話です。放射能汚染された野菜を食べる危険性と野菜不足の危険性を同等に扱うなど、言語道断です。

報道管制を敷かれているマスコミは、福島の話題をしなくなったばかりか、放射能の危険性を言わなくなりました。だいたいにしてセシウムの食料汚染の世界基準を皆さんは知っていますか。あの値は世界核戦争になってやむおえず食べなければならない食料の汚染基準なのです。それを日本政府は基準にしています。考えられません。

福島産のお米が安全ですといくことで出荷され始めました。きっと我が家の田んぼの米も含め、岩手産のお米も基準値以下ということで出荷されるでしょう。畜産と同じで、国家補償をしたくないというのが国の本音だと思います。

僕の塾の生徒が血液の病気で長期入院をせざるを得なくなりました。過去に於いても検査で一度病気を疑われたことがあると言われたようですが、今回の放射能汚染が関係ないと言い切れるでしょうか。頑張り屋で成績も抜群な生徒です。夏あたりから体調が思わしくなく、検査を受けた結果の入院ですが、心配です。一日も早い回復を祈る每日です。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 最大の敵は『早期教育』である | トップページ | 高校生が作ったブルーベリージャム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界核戦争基準:

« 最大の敵は『早期教育』である | トップページ | 高校生が作ったブルーベリージャム »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ