最近のトラックバック

« 素直というキーワード | トップページ | 願い »

2011年9月 6日 (火)

一冊の本との出会い

学校の先生や塾の先生が、昔はヤンキーだったとか、勉強が全く出来なかったなどと言いつつ、結構いい学校を出ていたり、ちゃっかり成績が良かったりすることが多々あるわけだけれども、僕の勉強に関して言えば、中学校時代はほんとうに闇だった(笑い)。

中学校での記憶は、卓球をやっていたことと、川土手を走らされた記憶ぐらいしかない。家では教科書など広げることもなく、深夜ラジオを聞き、ボケ~と過ごす每日だった。

部活は別にして、気持ちが悪いくらい勉強には身が入らなかった。

公立高校は一般入試どころか2次募集もだめで、私立高校の二次募集でなんとか拾ってもらった。身から出た錆。馬鹿丸出のていたらくである。

高校に入っても懲りない僕は、バイクと音楽とバイトの日々で、勉強の二文字ははるか空の彼方であった。

当時高校の近くには、五坪ほどの小さな古本屋があった。50円の特売コーナーみたいなボックスがあって、ヨレヨレの文庫本やエロ本が置かれていた。同じように当時ヨレヨレ感が漂っていた僕は、そんなヨレヨレの本に惹かれたのだろうと思うのだが、稲田耕三の『高校放浪記』という本を手にした。

高1が終わろうとしていた初春の頃だった。退学届を2度も高校に持っていった僕は、高校を続けることにさえ萎えていた時期だった。

徹夜で一気に読み通した。春まだ浅い夜が開けた頃、僕の人格の中の何かがどよめいていた。

『こんなだらけた生活じゃいけない』 ようやく長かった冬が終焉を告げるかのように、僕は社会のなかの自分という存在に気づいた感じだった。僕の長かった冬眠が終わった。

あの本は中学時代に読んでも、社会人になって読んでも、僕を覚醒させてくれることはなかっただろうと思う。16歳の僕が読んだからこそ、僕の生涯を変える一冊となった気がする。

若い時にしかスイッチが入らない本、年を取ってからしかスイッチの入らない本というものがある。だから読書というものは侮れない。

『高校放浪記』を読んだ後の僕は、大学受験を迎える頃までに、一冊の英語辞典と社会科の用語辞書をボロボロにした。辞書のほつれた糸が、その後の人生の様々な出会いを紡いでくれた気がする。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 素直というキーワード | トップページ | 願い »

おすすめの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本との出会い:

« 素直というキーワード | トップページ | 願い »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ