最近のトラックバック

« 修行がたりないようだ | トップページ | かぐや姫 »

2011年7月14日 (木)

まるで戦時下だ

節電のためスーパーはどこも薄暗く、冷房はどこに入ってもヒンヤリ感がない。国道沿いのパチンコ店は閉店し、外食レストランも幾つか店仕舞いをした。

いつも混んでいるのは100円ショップと大手フランチャイズの古本屋さんとリサイクルショップだ。

3月の震災後10日間塾を開けれなかった。再開し春期講習をやったが、受講生は一人だった。例年ならこの時期30名ほどの受験学年が在籍する僕の塾だが、今年はまだ二桁に達していない。

夏期講習も今月になってチラシを作ってみたものの、今日現在で申し込みは1名である。4ヶ月を過ぎても、毎日のように揺れ続ける余震。高濃度の放射線量。確かに塾どころではないのかも知れない。

かと言って35度を超える暑さのなか、冷房を止めるわけにもいかないし、勉強するのにライトを暗くするわけにもいかない。教室の維持費は生徒がいてもいなくても変わらないのが現状だ。

メルトダウンを知ってから、百姓をやっているのにもかかわらず、自分の畑で採れる葉物野菜は今年はなるべく食べないようにしている。関西方面や四国九州産の野菜を買ってたべている。食費代がかさむ。

一関市の糞尿処理施設からは、高い濃度のセシウムが検出されている。多くの市民が内部被爆している。にもかかわらず、市は野菜をはじめとする食料のセシウム等の検査を実施していない。何故に牧草地の検査だけなのか、わけが分からない。

今回の署名運動に関しては、僕が教諭や公務員の方々に対して厳しい意見をブログで書いたにもかかわらず、多くの先生や公務員の方から心温まる多くのメールをいただいた。

「公僕ゆえに表立って意見が言えません。かねごんさん危機的状況です。ブログでこれからどんどん発信してください。応援しています。」そんな声を、公務員の皆さんや、学校の先生から頂いた。

ガイガーカウンターで学校周辺の放射線量を個人で測り、ツイッターで公表していた先生は、上層部から厳しい勧告を受けたという。日々過激なブログを書いているこの僕が公立の先生ならば、即刻クビになっていることは間違いない。

多くの情報操作が行われている。まるで戦時下だ。多くの方々が勇気を持って内部告白を僕のメールボックスに送って頂いている。感謝である。僕は書き続ける。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

大験セミナー夏期講習のご案内ここをクリックしてください

« 修行がたりないようだ | トップページ | かぐや姫 »

コメント

はじめまして、

地元の放射線が気になり一関、奥州、北上のデーターを注視してます。
一関、北上のデーターは奥州に比べ貧相な内容に見えます。(放射線量の高い軒下も測定すべきです)
これは意図的なものでしょうか?北上のデータに限っては近隣地域に比べ何故こんなに低いのか?測定器は校正しているんでしょうか?・・・・役所公表データはどうも信用できません。

県主導でデーターの公表の仕方、測定方法の統一。
できれば測定器も統一してほしいものです。

それにしても衣川の数値の高さにショックです。子供が夏休みに衣川自然塾に2泊する予定なので躊躇してます。


奥州市:
http://www.city.oshu.iwate.jp/www/contents/1309840851362/files/sokutei.pdf

北上市:
http://www.city.kitakami.iwate.jp/sub01/kankyou/page_6376.html

一関:
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/1,24546,151,html


(かねごん)
ポン太様コメントを頂きありがとうございます。
一関奥州市の放射線量の高さは、3月14日のメル卜ダウンによってもたらされたものです。東風に煽られた雪と共に舞い降りました。
山の西斜面の濃度は非常に高くなっています。一方東側の山の斜面は濃度が低くなっています。
野菜等のセシウムの値が心配です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるで戦時下だ:

« 修行がたりないようだ | トップページ | かぐや姫 »