最近のトラックバック

« 液状化する日本政治 | トップページ | 多くの署名を頂きありがとうございます »

2011年7月 5日 (火)

太陽の色は何色ですか

今日は不思議な感覚を味わった。高校2年生の英語の授業で、アボりジニーの国旗の黄色いボールは太陽だと説明したら、女子高生達がきょとんとしている。反応がおかしい。

080510_090311

「かねごん先生太陽は赤ですよ」

僕は脳天に膝蹴りを食らったショックを覚えた。「子どもの頃太陽を黄色く塗った人は?」誰も挙手しない。

これはただごとではないと、塾でも同じ質問を今度は中学生にした。全員赤だった・・・。

僕は小さい頃から太陽は黄色に塗ってきた。友人のアメリカ人も太陽は黄色だと言っていた。ちなみに中国でも黄色だ。50年以上日本に住んでいて気付かなかった。太陽が赤だなんて・・・・。

家に帰って女房に尋ねた。「うちのシュタイナー教育では太陽は何色と教えているんだ」

「黄色ですよ」女房の答えにほっとした。

女房の説明によると、日本の幼稚園では、太陽の色は赤と教えているらしい。納得である。がしかし、違和感は拭えない。どう見たって太陽は黄色である。

いくら日の丸が赤だからだと言って、赤はおかしい。これって洗脳教育ではないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 液状化する日本政治 | トップページ | 多くの署名を頂きありがとうございます »

コメント

こんばんは、学び舎です。

この問題って面白いですね。虹の色は何色かという問題とともに、よく取り上げられることの多いものではないでしょうか。

「洗脳教育」というよりも文化的な違いで、伝統的に太陽を赤で表してきたことの反映のようです。

これに関連して面白いサイトを見つけましたので、一度ご覧下さい。
「異なる文化を楽しみながら学ぶ事典」
http://www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/iro.html

(かねごん)
小林先生こんばんは。
なるほどそのような歴史的民族的背景があったのですね。
勉強になりました。
しかし、それにしてもやっぱり太陽は黄色ですよね(‥笑い)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の色は何色ですか:

« 液状化する日本政治 | トップページ | 多くの署名を頂きありがとうございます »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ