« ふと気づいたら・・・ | トップページ | 前世の記憶? »

2011年6月23日 (木)

『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響』

チェルノブイリの子供を救おう会代表・茨城大学名誉教授 久保田護先生は、チェルノブイリから100㌔少し離れたベラルーシ、ゴメル医科大学学長のバンダジェフスキーさんの著書『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響』という専門書を翻訳されたのだが、その本を久保田先生本人より送って頂いた。

内部被曝を研究した本の中では、世界的にも非常に貴重な本である。本日送られてきたばかりなので、細部まで読み通してはいないが、チェルノブイリのメルトダウンによるセシウムの人体への影響が、多くの症例をもとに詳細に書かれている。

チェルノブイリのメルトダウンによって汚染されたベラルーシは0.2マイクロシーベルトで、現在の、福島、宮城、そして岩手一関と同じ放射能値である。そのベラルーシはその放射能汚染のために廃村になっている。

緊急事態なので、大切なことだけ今夜は報告したい。日本政府は1マイクロシーベルトを安全基準としているが、セシウムの内部被曝は、0.2マイクロシーベルトでも十分考えられる危険値で、放射線の種類によっては幼児のガン発生率は急増する。

セシウム137が肉と魚に取り込まれている場合は、塩をいくらか加えて煮ると70%の放射性セシウムが煮汁に残る。同様にじゃがいもも45パーセントが煮汁に残る。

女性より男性のほうがセシウムを体内に取り込みやすく、男の子の内部被曝率が高い。ニコチンやアルコールの摂取は、セシウムの体内被爆を促進する。放射性セシウムはまず心筋を損傷させる。

食料は塩水で洗うとセシウムの被爆量が減るとのこと、ぜひ実行して頂きたい。

リンゴに多く含まれる植物繊維のペクチンが、体内のセシウムに付着して排泄を促進することが分かっている。久保田先生は、セシウム排泄促進剤を日本に紹介したいと、現在活動中である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« ふと気づいたら・・・ | トップページ | 前世の記憶? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/40524213

この記事へのトラックバック一覧です: 『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響』:

« ふと気づいたら・・・ | トップページ | 前世の記憶? »