最近のトラックバック

« 人間は孤独な存在だ | トップページ | 涙の大会 »

2011年6月19日 (日)

父に贈った最後のプレゼント

父の日になると聞きたくなる曲がある。井上陽水の『人生が二度あれば』だ。

僕は残念ながら父親孝行というのをしないでしまった。父は55歳で他界したのだが、自分のことが精一杯で何もしてやることが出来なかった。せめてもの償いは、孫の顔を見せてやれたことだろうか。父親に関しては後悔ばかりが残っている。

男親というものはどこの家でも寡黙なものだ。父は僕にあまり多くを語ることはなかった。酒を飲むとよく座敷で一人カラオケをやっていた。

父がおじいさんになったのを記念したわけではなかったが、僕にしては珍しく、息子が生まれた年の父の日に、夏ものの半袖セーターを父に贈った。でもそのセーターを父は一度も着ることがなく父は天国に行ってしまった。

棺桶の中に入れたサマーセーターが、僕が父に贈った最後のプレゼントだった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します

« 人間は孤独な存在だ | トップページ | 涙の大会 »

父親」カテゴリの記事

コメント

かねごん先生こんばんは。
最近の男親は寡黙だとダメらしくて、
久しぶりに夕食を共にした今日も、
嫁から(子どもたちと)
「何か喋れば?会話のない親子やね」と
言われる始末です。
(今、食べるのに夢中だから喋れんやろ!)
と思っても私は口には出しませんよ~。
で、無理矢理会話するわけで…。

これがウチの食事時のパターンです。

(かねごん)
美川先生おはようございます。
僕もそうですね。
女房から「子供たちと会話をしたら」と言われるのですが、
仕事がしゃべる仕事なので、ついつい家では黙ってしまいます。
「しゃべらないと通じないことが多いよ」女房に言われ続けています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父に贈った最後のプレゼント:

« 人間は孤独な存在だ | トップページ | 涙の大会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ