最近のトラックバック

« だめかと思った | トップページ | いのり »

2011年6月18日 (土)

プールには子どもを入れるべきではない

このところ少しハードな日々でしたので、今日は少し停滞気味です。文章に切れ味がない自分を感じるのですが、ご了承下さい。

一関市ではセシウムの値が牧草地で1010ベクレル検出されたわけですが、ドイツでの暫定基準は4ベクレルです。日本は3.11以後300ベクレルに安全基準を引き上げました。セシウムは水に溶けやすいものです。この値では確実にプールに溶け出します。プールには子どもを入れるべきではないと思います。

僕の町は完全に放射能被災地です。市内の小学校の校庭では、0.5マイクロシーベルトの放射能が検出されています。この値も3.11以前ならガイガーカウンターの警報アラームが鳴る値です。

福島原発が3基ともメルトダウンしたと発表されましたが、表現が間違っています。過去形ではなく、現在完了進行形です。メルトダウンし続けているのです。

チェルノブイリ事故の100倍もの放射能が放出され続けています。使いたくない表現ですが、日本人は被爆しました。

責任は東電にあります。そしてそれを許してきた日本政府も同じです。リンパ癌や白血病等の治療の際に、生活費や仕事など全てを保証してくれるのでしょうか。

考えたくないことですが、政治家には全く危機意識がないようです。

南風の季節風で、放射能が宮城や岩手に来ています。これが11月、12月になると強い北風に変わります。関東地区が危険な区域になります。

一日も一秒でも早い放射能の封じ込みを願います。日本という国が存続するために・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« だめかと思った | トップページ | いのり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プールには子どもを入れるべきではない:

« だめかと思った | トップページ | いのり »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ