最近のトラックバック

« 命が一番大切です | トップページ | 放射線測定についての嘆願書 »

2011年6月11日 (土)

僕の町も牛の放牧が出来なくなった

 県は10日、一関市の牧草から1キロ当たり1010ベクレル、藤沢町の牧草から同308ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。国が定めた暫定基準値(1キロ当たり300ベクレル)を超えていることから、両市町の乳牛と肥育牛の飼育農家に対して、放牧や福島第1原発事故後に収穫した牧草の利用自粛を要請。県南各市町の牧草や原乳でも、14日までに検査を行う。毎日新聞 6月11日

各核種の半減期
ヨウ素131 は 8.04日
ヨウ素133 は 20.8時間
セシウム134 は 2.06年
セシウム136 は 13.1日
セシウム137 は 30.0年
プルトニウム238 は 87.7年
プルトニウム239 は 2.41万年
プルトニウム240 は 6564年
ストロンチウム89 は 50.5日
ストロンチウム90 は 29.1年

セシウム137の半減期は30年、福島で検出されたプルトニウムの半減期は2万年を有する。人が住めない場所を作り出す放射能汚染。とうとう僕の町も牛の放牧が出来なくなった。

隣町の前沢は日本一の和牛の産地である。このニュースの衝撃は計り知れない。

僕のブログは塾ブログだ。本来ならば夏期講習のことや、受験生の日々の問題などを書かなければならないだろうけれど、脱原発ブログになっている。

友人の小林先生も書いていたが、この重い話を書き続けることはかなりのエネルギーと勇気を必要とする。僕が書き続けることで何かが変わるわけではない。ひょっとすると独りよがりの自己満足ブログなのかも知れない。

「もうそんな暗い話はいいよ」という方も多いかも知れない。でも僕は事実を書き続けたい。僕は子どもたちを愛している。彼らのかけがいのない命を守る義務がある。それだけだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 命が一番大切です | トップページ | 放射線測定についての嘆願書 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕の町も牛の放牧が出来なくなった:

« 命が一番大切です | トップページ | 放射線測定についての嘆願書 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ